» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

J最終節

ACLで優勝したものの気がつけば国内公式戦でここ5試合で1点しか取っていない。しかもPKの1点。アジア制覇という偉業を成し遂げ、気が緩んだわけではないのだろうが、いつのまにかゴール欠乏症になっているレッズ。
だが残りは1試合。ここまできたら、後は気持ちだけ。
きっちり勝って優勝してくれよ。


おなじみトロロさんの新作フラッシュです。

2007 J最終戦Flash


明日は早起きしないと。

スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報11.30(Fri)23:58コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

切り替えよう。

11月28日(水) 第87回天皇杯4回戦
浦和 0 - 2 愛媛 (19:00/駒場/12,247人)

得点者
65' 田中俊也(愛媛)、82' 田中俊也(愛媛)


聖地・駒場でまさかの失態。
今日は仕事のため試合を見ていないのだが、速報で結果をを見たときに「おっ!達也が久々に決めてくれたか。良かった良かったと普通に思ってた。
少し時間が経ってふと「あれ?達也ってもう怪我治ったのかな?」と疑問に感じて、
再度得点者を見ると・・・

65' 田中俊也  82' 田中俊也

×田中
○田中


ん!? 達也じゃない!!


おいおい。。。何てこったい。
この日スタメンは以下のメンバー。

GK 山岸範宏
DF 細貝萌
DF 坪井慶介
DF 田中マルクス闘莉王
DF ネネ
MF 鈴木啓太
MF 内舘秀樹
MF 相馬崇人
MF 長谷部誠
FW 永井雄一郎
FW 岡野雅行

田中達也の名前はサブにも無かった。
他にもワシントン・ポンテ・暢久・伸二・平川・堀之内・都築がベンチ外。(阿部はサブ)
土曜日の最終節決戦に向けて、メンバーを落としたとも見る人もいるかもしれない。
ただ、このメンバーでも普通にJ1リーグで勝てるよ。
他のチームなら間違いなくみんなスタメンになれる選手達です。

油断と言ってしまえばそれまでだが、勝った愛媛FCを褒めるしかないでしょう。
何が起こるかわからないジャイアントキリングこそカップ戦の醍醐味。
悔しいが終わってしまったことはしょうがない。

最終節で同じ過ちを起こさないでくれよ。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年天皇杯11.28(Wed)23:47コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

鹿島戦・画像

まとめてアップします。

2007.11.24 J33節鹿島戦②

2007.11.24 J33節鹿島戦③

2007.11.24 J33節鹿島戦④

2007.11.24 J33節鹿島戦⑤

2007.11.24 J33節鹿島戦⑥

2007.11.24 J33節鹿島戦⑦

2007.11.24 J33節鹿島戦⑧


スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.27(Tue)08:01コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

はぁ。。。

11月24日(土) 2007 J1リーグ戦 第33節
浦和 0 - 1 鹿島 (14:04/埼玉/62,123人)

得点者
66' 野沢拓也(鹿島)

2007 J1 第33節 浦和 vs 鹿島 ゲームサマリー

2007.11.24 J33節鹿島戦①

ホーム最終戦で優勝を決めるはずが。。。まさかの敗戦。
やはり鹿島とは何か縁があるのだろうか。
認めたくは無いが鹿島のほうが勝ちたい気持ちが強かったのかもしれない。
レッズはACLを制覇して、リーグ戦も首位。仮にこの試合に敗れても首位は変わらず。疲労度もあると思うが、少しだけ気持ちが緩んでいたのかもしれない。

鹿島は勝たなければ終わり、しかもアウェイと崖っぷちの状況。
さらに退場者も出しながら、組織的かつ堅実なプレーでレッズを止めた。
今日は素直に負けを認めるしかないだろう。
船山の唾吐き行為だけは決して許せないが

負けはしたもののまだ勝ち点差1で首位は変わりません。
最終節、日産スタジアムで横浜FCを破れば優勝です。
とりあえず、楽しみが1週間伸びたと考えよう。


  順位表 (第33節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    70  20   10   3  55   27  +28
2位 鹿 島    69  21   6    6  57   36  +21
3位 G大阪    66  19   9    5  69   35  +34
4位 清 水    61  18   7    8  53   33  +20
5位 川 崎    53  14   11   8  65   47  +18


ガンバはロスタイムに失点してドロー。終戦です。
甲府は柏に敗れて降格が決定。
甲府は残ってほしかったのに。。。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.24(Sat)23:20コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ん~

20071124162310
まさかの敗戦…
優勝は最終節に持ち越し。
携帯中継&速報11.24(Sat)16:23コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

快晴!

20071124100251
Jリーグ連覇に向けて最高の天気です!
鹿退治で優勝だ!
携帯中継&速報11.24(Sat)10:02コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

オジェックが代表監督!?

日刊スポーツにこんな記事が。。。

オジェック氏が次期日本代表監督に内定

おいおいおい。。。
マジですか?



追記
どうやら日刊スポーツが勝手に書いただけのようです。

次期日本代表監督に関する報道について

よかったよかった

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報11.20(Tue)13:03コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

阿部勇樹

2007年1月26日移籍会見で阿部勇樹はこう語った。

「あれだけの方が応援している中でどうできるか・・・相当な力になると思います」


レッズと代表の掛け持ちで、今年は既に50試合以上に出場
ACL準決勝2ndlegでは満身創痍の中で延長戦を含めて120分間を戦い抜き、立つことさえままならないのにPK戦ではきっちりとゴールを決めてくれた。

「すごく勇気付けられてPKを蹴られたし、あの声援がなければここまでこれなかった」


さらにACL決勝では勝利を決定付ける貴重な追加点を奪った。
優勝後のウイニングランでサポーターから渡された「ASIAN KING」のゲーフラを手にした阿部はその疲れを感じさせないぐらい最高の笑顔を見せてくれた。

今年、唯一で最大の補強である阿部勇樹。
どんなに疲れていても、負傷をしていても、試合に出場して活躍を続けるその姿には本当に泣けてくる。
時にはセンターバック、時にはボランチ、暢久が抜けた右サイドにも入った。既に6つのポジションを期待以上にこなしてくれた。
今さらながら、長年在籍したジェフを離れてレッズにきてくれたことに感謝します。


今年も残りわずかとなったが、まだリーグ戦・天皇杯・クラブW杯がある。
まだまだ阿部を頼りにしてしまうことになるだろう。
チームのために、サポーターのためにもう少しだけ辛抱して下さい。
シーズン終了にはACL決勝の時のような最高の笑顔がまた見られるように。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報11.20(Tue)01:59コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

疲労困憊の中で。

11月18日(日) 2007 J1リーグ戦 第32節
浦和 0 - 0 清水 (14:02/埼玉/56,368人)


3戦連続のドローで優勝決定は持ち越しです。
前節でも同じことを書いたが、水曜日にACL優勝を果たしたばかりで精魂尽き果ててしまっている中で難敵・清水に負けなかったことは悪くない結果でしょう。

ワシントン(出場停止)・達也・暢久・伸二・堀之内、さらに啓太が負傷退場と相次ぐ離脱でも、負けない強さが今のレッズにはある。
普通に考えたらこの終盤で3戦連続ドローは痛いところだが、ACL制覇という偉業を成し遂げ、さらに残り2試合でまだ勝ち点差4という大きなアドバンテージがあります。

1週間で2回優勝なんて贅沢なことは言いません。
少し間を置いて、来週優勝でいいじゃないですか。


  順位表 (第32節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    70  20   10   2  55   26  +29
2位 鹿 島    66  20   6   6   56   36  +20
3位 G大阪    65  19   8   5   68   34  +34
4位 清 水    60  18   6   8   51   31  +20
5位 新 潟    51  15   6   11   48   44   +4


鹿島が怒涛の7連勝で2位浮上。ガンバはFC東京に痛恨の引分けで後退。
次節、鹿島と直接対決です!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.18(Sun)21:45コメント(0)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ACL決勝レポート

AFCチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント決勝 第2戦
11月14日(水)19:20/埼玉スタジアム

浦和 2 - 0 セパハン (19:25/埼玉/59,034人)

得点者
22' 永井雄一郎(浦和)、71' 阿部勇樹(浦和)


ついにアジアの頂点に!しかもACL史上初の無敗優勝です!
様々なメディアでも取り上げられているが、ここまで色々なことがありました。
昔のことはあえて語りません。
今はただアジアチャンピオンになったことを素直に喜びたいと思います。

前半22分、ポンテのパスが相手DFにあたり永井の下へ。永井はすぐさまシュート体制にもっていき気持ちを込めた弾丸シュート!
決してコースが良かったわけではないが、魂がこもったシュートはゴールに吸い込まれた。と同時にスタジアムのボルテージは最高潮。
永井は人差し指をサポーターに向け、雄叫びをあげながらゴール裏をひた走る!
この1点で今日はいける!と早くも勝ちを確信した。

そして、後半26分ワシントンのポストプレーからまたもや永井が強烈なシュート!惜しくもGKに弾かれるが阿部が落ち着いて頭で決めて2点目。

あとはタイムアップを待つだけ。
そしてみんなが待ち望んだその時が訪れた。

2007AFCチャンピオンズリーグ チャンピオン
浦和レッズ



選手達には本当に感謝します。
感動をありがとう。


写真や動画は後ほどまとめてアップします。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.17(Sat)15:49コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

とりあえず

ちょっとだけ画像をアップします。

2007.11.14ACL決勝(間もなくウォーミングアップ)

2007.11.14ACL決勝(FINAL)

2007.11.14 ACL決勝

残りは後ほど。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.16(Fri)23:54コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

激闘を振り返る

優勝できてよかった
嬉しいのはもちろんですが、今日はとにかく疲れました。
詳しいレポートは改めて書きます。

初戦から8ヶ月、浦和の選手・サポーターのここまでの激闘を振り返る


スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.15(Thu)02:31コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アジア征服(^-^)v

20071114220129
やったー!
ポンテが得点王!
永井が大会MVPに選ばれました!

携帯中継&速報11.14(Wed)22:01コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

まもなくキックオフ

20071114184757
みんな凄い気合いです。オーロラビジョンに決勝までのVTRが流れて気持ちが高ぶってきました!
携帯中継&速報11.14(Wed)18:47コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

みんなで後押しを!

20071114162453
あと3時間後に試合が始まります。
浦和美園駅から埼スタまでの道なりはどこを見ても真っ赤!
6万人の後押しでアジアNO.1を決める相応しい舞台を作り頂点へ行くぞ〓
携帯中継&速報11.14(Wed)16:24コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

最終決戦

『ALL REDS』の力でアジアの頂点を掴み取る!!! 

いよいよ最終決戦がやってきました。
明日は浦和レッズとしてだけではなく、日本サッカー代表として大きな歴史が刻まれる日です。

必ず勝つ!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.13(Tue)23:59コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

あと一歩。

11月11日(日) 2007 J1リーグ戦 第31節
川崎F 1 - 1 浦和 (16:04/等々力/23,355人)

得点者
10' 養父雄仁(川崎F)、32' ワシントン(浦和)


イラン帰りで疲労度MAX、さらに14日はACL決勝が待ち受けている中でもメンバーを代えずに臨んだこの試合。
ACL&リーグ優勝を狙う中でも重要度が高い試合でした。
この厳しい状況の中でのドローは良い結果と言えるでしょう。
着実に勝ち点1ゲットです。

ACL決勝に向けて、シーズン終盤でもあるので不安材料は当然ある。
誰もが満身創痍で疲労度は計り知れないものがあり、現状のメンバーで戦うしかないのだが、みんな気力のみで戦っている。

残すところはACL決勝第2戦とリーグ戦3試合(+天皇杯)となりました。


  順位表 (第31節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    69  20   9   2   55   26  +29
2位 G大阪    64  19   7   5   67   33  +34
3位 鹿 島    63  19   6   6   55   36  +19
4位 清 水    59  18   5   8   51   31  +20
5位 新 潟    48  14   6   11   46   44   +2


数字上では優勝の可能性があるのは浦和、G大阪、鹿島の3チームに絞られました。
ただ、残り3試合で勝ち点差5は有利な状況です。
次節でG大阪・鹿島が引分け以下、レッズ勝利で優勝が決定します!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.11(Sun)22:55コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

悪くない結果。

AFCチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント決勝 第1戦
11月7日(水)21:30/イスファハン

セパハン 1 - 1 浦和

得点者
45' ポンテ(浦和)、47' マフムド・カリミ(セパハン)


決勝第1戦はドローに終わりました。
スコアレスではなく、1点取ってのドローなので悪くない結果。
思ったよりもしっかりしたチームだなぁという印象でした。
スタジアムがある場所は標高が高いというのが関係あるのかわからないが、セパハンはACLでホームでは10試合負けがないそうです。
ピッチの幅が通常よりも広い上に硬い地面に戸惑う選手が多く、足を滑らせることも少なかったことから考えても、やはりセパハンは戦い方を熟知していたようだ。
ただ、やはりアウェイでの1点は貴重。たかが1点、されど1点。
次はレッズが戦い慣れている埼スタのピッチ。
さらに6万人の大サポーターの後押しがある。

アジア制覇まであと1週間。
待ち遠しい!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.08(Thu)00:00コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

決戦迫る。

いよいよ今日ACL決勝第1戦が行われます。
J'sGOALではこんな特集も組まれていました。

他クラブサポーターも浦和レッズを応援しています!

どこのサポだろうが関係ねぇ!We Are REDS!(鹿島)

俺らのぶんも勝ってくれ!(川崎)

ACL敗退した姿を俺たちに見せてくれるな(名古屋)

Jリーグの未来は浦和に託された(神戸)

Jではアンチレッズだが今日は死ぬ気で応援する!(大分)


どこのサポーターであろうと関係ない。
今日はJリーグのサポーターみんながレッズを応援してくれています
Jリーグ代表として絶対負けられない戦いです。


試合を控えた選手のコメントです。
◆達也
「(実際に会場となるスタジアムで練習してみて?)気候的には涼しくてよかったし、グラウンドも問題なかった。(イスファハンは標高約1600メートルの高地だが、空気が乾いていることなどは気になるか?)それほど気にならない。ただ、今日の練習では感じなかったが、試合になってみなければ分からない部分はあると思う。
まずは守備をしっかりして、アウェイなので点を取れればアドバンテージになる。それには最初のチャンスをものにすることが大切。
あとはセットプレーが攻守両面で大事になる。アウェイだが、しっかり勝てればいい」

◆堀之内
「ドバイは暑かったので、涼しく感じるがそれほど寒いわけではないし、体が動かないとかそういったことはないと思う。守備では、まずは失点をゼロに抑えること。その上でゴールが取れれば。セパハンのカウンターには注意したい。セットプレーは大事になる。いい形で日本に帰れれば」

◆啓太
「第2戦ことは日本に帰ってから考えればいい。ただ、仮にいろいろな結果が出たとして、相手の心理がどういう風な状況になっているかという部分を考えると、できれば自分たちがいい状態で、相手があまりいい状態でないなかで優勢に戦いたいというのはある。そのために、この第1戦で相手を焦らせる必要があると思う。ただ、それはゲームを進めるうえで、どう転がるかは分からないので、状況に応じて自分たちで対応することも必要になる。
2戦目をホームで戦える大きなアドバンテージはあるが、それは明日ここでどういう戦い方をするかによって、そのアドバンテージは大きくも、小さくもなる。展開によっては相手のアドバンテージになるかもしれない。とにかく、この第1戦にかけて戦いたいと思う」

◆岡野
「(決勝を前にチームの雰囲気は?)ずっといいので、その辺は変わりない。(グラウンドはどう?)芝はすごくよかったですね。(ドバイと比べるとだいぶ涼しいが?)こんなに寒いとは思わなかった。ただ、体が動かないとかはない。暑いよりはいい」


怪我で欠場の暢久、闘莉王、伸二のためにも勝ってホームに帰ってきてくれ!
絶対勝つぞ!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年ACL&FCWC11.07(Wed)09:35コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。