» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

圧勝なのに・・・

9月30日(土) 2006 J1リーグ戦 第25節
京都 1 - 5 浦和 (17:04/西京極/16,492人)

得点者
'14 田中マルクス闘莉王(浦和)、'16 中山博貴(京都)、'22 平川忠亮(浦和)、'40 田中達也(浦和)、'46 山田暢久(浦和)、'83 相馬崇人(浦和)

2006 J1 第25節 京都 vs 浦和(西京極) ゲームサマリー


今日はいつものフットニックで観戦。
圧倒的な力の差を見せつけ危なげなく勝ち点3ゲット
達也も点を決めたし、久々にスカッとする勝ち方で終わる・・・はずだった。
しかし、終了間際に坪井が負傷退場・・・
どうやら左足内側靭帯損傷で3~4週間かかる見込みらしい
今節ワシントンが欠場したとはいえ、ようやくフルメンバーが揃ったと思った矢先の離脱。今季絶好調で高いパフォーマンスを持続していたのに・・・残り9試合となったところで坪井の欠場は非常に厳しいです。

ただ、悔しいが起きてしまったことはしょうがない。
一瞬で怪我が治るわけではないので、じっくり治療に専念してほしいものです。
次節以降、坪井の代わりはネネかな?坪井の分も頼むぞ!!

ちなみに闘莉王も右ハムストリングを痛めたようです・・・大丈夫かな?


あと、明日ガンバが敗れれば首位に浮上します。
みんなで甲府を応援しましょう

ランキングアップにご協力下さい
スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2006年リーグ戦09.30(Sat)21:17コメント(0)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

明日は京都戦です

さてさて明日はアウェイの京都戦です。

現在、京都は降格争い真っ只中の16位。
残り10試合となった今、勝ち点を奪うために必死で立ち向かって来ることでしょう。前回の対戦では圧勝しましたが決して油断できません。

消化不良の戦いが続くレッズですが、気を引き締めてしっかり勝ち点3を持って帰ってくることを信じましょう。

一方、首位・ガンバは小瀬で甲府と対戦。
何とか甲府に踏ん張ってもらってせめて引き分けぐらいには持ち込んでもらいたいものです。

ランキングアップにご協力下さい
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.29(Fri)04:25コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

おめでとう!

日付が変わってしまいましたが、9月27日は伸二の27回目の誕生日です

レッズの、いや日本の至宝である小野伸二も27歳となりました。
もう27歳と言うべきか、まだ27歳と言うべきか・・・難しい年齢です。

伸二からのメッセージです。
お誕生日、ありがとう!?
すんまそんって久々に聞いた(笑)



違う話題をもう一つ。

浦和、新卒ルーキー獲得は伊藤翔一本に

実際のプレーは見たことがないが、ベンゲルに絶賛されてアーセナルの入団テストに合格した逸材。誰が付けたかわからないが『和製アンリ』とまで言われているようです。 さすがにそれはオーバーな気がするけど・・・
実は3月にレッズの練習に参加しています。

レッズ黄金時代を迎えるためにも若手の育成・発掘は怠ることができません。
98年の伸二以来、大型新人を獲得できていないので是非ともレッズに入団してほしいものです。
まぁ、無名で入団しても今の主力である長谷部、達也、啓太、坪井のように大きく伸びることもあるから、プロになってからどれだけ成長するのかのほうが重要ですけどね。

ランキングアップにご協力下さい
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.28(Thu)01:15コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ネットで広い久々とか(BlogPet)

今日大きい
あつたろうは、ネットで広い久々とか、



と、れでぃあ♪が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報09.26(Tue)10:42コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

弁当の呪いもなんのその。

9月23日(土) 2006 J1リーグ戦 第24節
浦和 1 - 0 清水 (15:04/埼玉/48,378人)

得点者
'16 ワシントン(浦和)

相変わらず内容に不満は残るものの、何とか清水を撃破!
決して万全の状態ではないワシントンですが、キッチリ自分の仕事をしてくれます。
やはりホームで圧倒的な強さを見せるレッズ。鳩も魅了されたようです(笑)
「序盤は埼玉スタジアムの雰囲気に何人からの選手が呑まれてしまっているように見えた」(長谷川監督)、「前半の最初はスタジアムに呑まれてしまってか、少し自分たちからペースを崩してしまう場面があった」(伊東輝悦)のコメントからもわかるように、我々のサポートは少しは効いているようです。
サポーター冥利につきます

これで今季ホームは10勝1分(得点26失点3)と無敗を継続中。このまま最後まで無敗を守れば最終節でガンバをやっつけて優勝!?なんてことを考えてみたりします。

それにしても勝ったことはもちろん嬉しいのだが、消化不良の勝ち方はいつまで続くのでしょうか。贅沢な悩みなのかな?

2006 J1 第24節 浦和 vs 清水(埼玉) ゲームサマリー

清水サポもけっこう来てました。
2006.9.23 第24節清水戦(埼スタ)①

デカユニの下
2006.9.23 第24節清水戦(埼スタ)②

勝利!
2006.9.23 第24節清水戦(埼スタ)③

これが噂のレッズ弁当。味はノーコメントで・・・
レッズ弁当2006


順位表 (第24節終了時点) 
             勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 G大阪   55   17   4   3   62  29  +33
2位 浦 和   52   16   4   4   47  18  +29
3位 川 崎   47   14   5   5   58  36  +22
4位 鹿 島   45   14   3   7   42  36   +6
5位 清 水   44   14   2   8   42  28  +14


川崎清水の連敗により、勝ち点差が広がりました。2強のマッチレースになりつつあります。やはり川崎はここにきてプレッシャーと連戦の疲れでバテはじめたようです。清水もここまでよく頑張りましたが優勝を狙うには厳しいと言えるでしょう。不気味なのはここにきてジワジワ上がってきた鹿島。レッズとの勝ち点差は7あるものの、去年の例があるのでまだ油断できません。

それにしてもガンバ負けないなぁ


↑ポチっと押してあげてください
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2006年リーグ戦09.25(Mon)00:03コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

後半開始直前の「We are REDS!!」

久々に動画をアップします。
K田氏の「聞こえねーよ!」でさらに気合いが入ってます!



他の画像やレポートは後で書きます。

ランキングアップにご協力下さい
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
動画09.24(Sun)00:24コメント(5)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

勝利!

20060923202130
きっちり勝ちました!
携帯中継&速報09.23(Sat)20:21コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

今日のMDC

20060923144524
永井だー ヽ(´▽`)/
永井雄一郎09.23(Sat)14:45コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

明日は清水戦

さてさて明日はいよいよ4位エスパルスとの試合です。
通算対戦成績は11勝2分18敗(41得点53失点)と負け越しています。

しかし、レッズは今年ホームで9勝1分(得点25失点3)と驚異的な強さを発揮。
一方、エスパルスのアウェイ成績は5勝2分4敗(19得点18失点)とほぼ五分。
そして、前節エスパルスが敗れていることからレッズ有利と見る人が多いだろう。

エスパルスはここで負けると優勝争いから大きく脱落するので、必死で立ち向かってくることでしょう。非公開練習もしてるみたいだし。
不気味な存在ですが、しっかり叩いて引導を渡してあげましょう!

ちなみに首位・ガンバは3位フロンターレとの対戦。
どちらも優勝争いに向けて大事な試合になることは間違いない。


ランキングにご協力下さい
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.22(Fri)02:19コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

経営だけでなく成績も・・・

2005年度の収支・利益など経営情報が開示されました。

クラブの経営情報を初公開

J金持ちNO1は浦和…1、2部05年度収支初開示

2005年度Jクラブ情報開示資料の概況説明

レッズは当然のように営業収入58億500万円とダントツ1位です。
2位の横浜は48億2200万円なので約10億円の差。
最下位の甲府にいたっては6億7000万円なので約50億円以上の差があります。
クラブ経営に関しては他を圧倒する数字を残しています。

是非とも肝心なリーグ戦の成績でもダントツ1位となってほしいものです。

ポチっと押してあげてください
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.21(Thu)00:23コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

iam

新しくブログパーツを導入しました。
iamです。

これは自分のプロフィールを紹介するものなので、あまりカスタマイズすることはないと思いますが、新しもの好きなのでお試しでしばらく付けてみます。

サッカーブログランキングはこちら
スレッド:ブログパーツ|ジャンル:ブログ
その他09.20(Wed)22:13コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

残り11試合

2006Jリーグもいよいよ終盤に差し掛かってきました。
第23節を終えて順位表は下記の通り。


            勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
 1位 G大阪   52   16   4   3   58  29  +29
 2位 浦 和   49   15   4   4   46  18  +28
 3位 川 崎   47   14   5   4   58  32  +26
 4位 清 水   44   14   2   7   42  27  +15
 5位 鹿 島   42   13   3   7   39  34   +5
 6位 大 分   36   10   6   7   36  31   +5
 7位 磐 田   34    9   7   7   45  34  +11
 8位 横 浜   32    9   5   9   38  29   +9
 9位 千 葉   32    9   5   9   43  41   +2
10位 大 宮   30    9   3   11   30  39   -9
11位 名古屋   28    7   7   9   35  39   -4
12位 甲 府   28    8   4   11   30  47  -17
13位 東 京   27    8   3   12   37  40   -3
14位 新 潟   27    8   3   12   28  49  -21
15位 広 島   23    6   5   12   30  42  -12
16位 京 都   18    4   6   13   30  53  -23
17位 C大阪   16    4   4   15   29  52  -23
18位 福 岡   13    1  10   12   22  40  -18



現時点までの各チームの寸評 (独断と偏見ですのであまり気にしないで下さい)

1位 ガンバ大阪
昨年の優勝に多大な貢献をした大黒・アラウージョの大黒柱を欠いたものの的確な補強によってチーム力を維持。妥当な位置か。レッズ優勝への最大の障害。最終節でのレッズとの対戦でどちらかの優勝が決まる!?

2位 浦和レッズ
大型補強でJリーグNO.1の選手層を誇るが、内容が安定せず期待された程の結果を残していない。しかし、それでもこの位置にいるのは強さの表れか。怪我人も戻り、ようやくフルメンバーが出揃った。優勝に向けて死角はない。今年こそ悲願のリーグ制覇だ!

3位 川崎フロンターレ
今年最も成長したチーム。関塚監督がチームをまとめ、我那覇・中村・谷口が著しく成長。ジュニーニョ頼みの攻撃からJリーグ屈指の攻撃力を誇るチームへと変貌した。マイナス要素をあげるとするのであれば優勝争いの経験がないこと。終盤にプレッシャーに打ち勝つことができれば優勝の可能性は十分。

4位 清水エスパルス
'05天皇杯準優勝はフロックではなかったことを証明。藤本淳吾は澤登が抜けた穴を感じさせない余りある程の活躍。チョジェジンの決定力も相変わらずで若手も伸びている。ただ、優勝するにはもう一つ何かが足りない気も・・・

5位 鹿島アントラーズ
長年指揮を執ってきたトニーニョセレーゾから監督が変わって1年目。かつての勝負強さはないものの堅実な試合運びで上位をキープ。小笠原が抜けた後をどう埋めるかが優勝への課題。

6位 大分トリニータ
昨年途中から指揮を執るシャムスカ監督。彼の影響力は半端なく大きい。リーグも終盤を迎えたこの時期にあの戦力でこの順位を予想できたものはいないだろう。マグノ・吉田が抜けた穴を全く感じさせない。西川・梅崎・松橋と将来有望な若手が多いことで今後も期待できる。

7位 ジュビロ磐田
期待された山本監督が思うような成績を残せず、世代交代に失敗して中位を彷徨う。かつての黄金時代の面影はなく、1試合1試合波が大きい。とは言っても決して戦力に劣るわけではないので上位進出は十分可能。憎らしい程強かった最強磐田の復活はいつになるのか。

8位 横浜Fマリノス
浦和に次ぐ選手層を誇る横浜がこの順位ではあまりに不本意。"つまらないサッカー"と評されても勝ち続けることで威厳を保っていたが、勝てなくなってしまったら何も残らない。このままだとサポーター離れを引き止めることはできないのでは・・・崩壊寸前のチームを水沼監督がどこまで巻き返せるか。

9位 ジェフユナイテッド千葉
オシム監督を代表に強奪された被害者。やはりオシムが抜けた穴が痛いのか、監督交代後は絶不調でみるみる順位は降下。このまま下位へと沈んでいくのか?巻・阿部・羽生・佐藤勇人らの代表組がどこまでチームを引っ張ることができるかが鍵。

10位 大宮アルディージャ
大補強をして戦力を充実させて臨んだ今季。小林大悟が大活躍しているが、彼一人ではさすがに厳しい。決定力のあるストライカーがいればもっと順位が上にいけそうなのだが。個人的には吉原宏太に期待しています。

11位 名古屋グランパスエイト
藤田・楢崎・中村といったベテラン勢だけでなく、本田・杉本らの若手も伸びていて、上位に進出できる戦力は十分にある。しかし、ここぞと言うときの伝統の勝負弱さが露呈していつものように中位に甘んじている。優秀な監督がいれば優勝争いも可能だと思うのだが・・・

12位 ヴァンフォーレ甲府
正直なところ、開幕前は最下位を予想していた。そして、精神的支柱である倉貫の長期離脱でさらにその思いは強まった。しかし、順位を落とすことなく12位と健闘。スタジアムも人がたくさん入るようになるなり、チーム&サポーターともにJ1の舞台を満喫しているだろう。大木監督が目指すエンターテイメントでさらに甲府の町を盛り上げてくれることを祈ります。

13位 FC東京
チーム初の外国人監督だったガーロが中途半端なままチームを去った。将来有望な若手が多い反面、経験が不足しているのでは?平山の加入がチームに刺激を与えるのかが見もの。我家から最も近い味スタに行けなくなるは非常に痛いので、降格しない程度にそこそこ頑張ってください。

14位 アルビレックス新潟
第13節時点では4位と健闘するが、その後は1勝1分8敗と散々たる成績で14位まで転落。反町の面影をいつまでも引きずらないで、外国人頼みから脱却しなければ降格もあり得る。鈴木慎吾以外の日本人選手の奮起・成長なくしては上位進出はない。

15位 サンフレッチェ広島
佐藤寿人&ウェズレイの2トップはリーグ屈指。
選手層・能力もそれほど悪くない。しかし、なぜか勝ちきることができないでいる。攻守のバランスが安定していた昨年前半戦のような守備力を取り戻すことができれば、下位に沈むことはないのだが・・・

16位 京都パープルサンガ
妥当な順位といったところか。やはりこの戦力でJ1を戦うには厳しい。パウリーニョだけで勝てるほど甘くは無い。降格は免れない!?

17位 セレッソ大阪
ここまでは2001年の再現(2000年に優勝争いをしながら2001年は最下位に終わり降格)となっている。首位で迎えた昨年の最終節、「ここで勝てなければ一生負け犬で終わる」と豪語した西澤。終了間際の同点ゴールで優勝を逃し、まさに言葉のとおりになっている・・・このまま負け犬で終わるのか?とは言っても名波の加入でチームは変わりつつある。あとは大久保が冷静にプレーすることが残留への鍵となりそう。

18位 アビスパ福岡
23試合でわずか1勝。1試合平均1点未満の得点力では勝てるわけがない。取り立てて上がる要素もなく降格へとまっしぐら。年間4勝に終わった2002年札幌の成績を下回る可能性も・・・



残りは11試合。果たしてここからどんなドラマが待ち受けているのか?
今後の展開に注目です。

サッカーブログランキングはこちら
スレッド:Jリーグ|ジャンル:スポーツ
J League09.19(Tue)01:53コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

エメ、開幕2ゴール

元浦和エメルソン健在、カタールの開幕戦で2ゴール


一方で日本への未練も見せた。観客席が空席ばかりでモチベーションを保つのが難しいとこぼし、 「埼玉(スタジアム)は6万人。ファンを置いてきた」と日本語で話した。


今さらそんなことを言っても遅い!
君の功績は忘れないですが、残念ながらもうあなたを必要ではありません。
遠くの地でがんばってください。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
エメルソン09.18(Mon)22:37コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

辛勝(BlogPet)

れでぃあ♪は勝利されたみたい…
あつたろうが勝利したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報09.18(Mon)12:39コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

暢久のやる気

9月16日(土) 2006 J1リーグ戦 第23節
浦和 2 - 1 広島 (19:04/埼玉/39,123人)

得点者
'35 田中マルクス闘莉王(浦和)、'39 ウェズレイ(広島)、'86 山田暢久(浦和)


ここ数試合平川にスタメンを奪われた暢久が意地を見せて殊勲の決勝ゴール!
途中出場が続き、フラストレーションが溜まっているであろう暢久のやる気がひしひしと伝わってきました。
ここ数試合と同様に内容は決して褒められるものではなかったが、ここで勝ちきることができるのが昔のレッズとは違うところだろう。
広島はとても下位に甘んじているようなチームには見えないほど、パスワークでレッズを翻弄し、何度も危うい場面を作ったが得点に至らず。あとちょっとしたきっかけがあれば浮上できそうな印象を受けました。

勝てたからいいようなものの、いつまで消化不良の戦いを続けるのだろうか・・・
この状態のまま優勝できるほどサッカーは甘くない。
暢久のように出たくても出られない、ベンチに甘んじている選手たちの奮起が好転のきっかけとなってくれればいいのだが。

暢久のコメント
2006.9.16 第23節広島戦(埼玉)
何年もなかったことだから、途中から出ることに難しさを感じている。試合に出られていない苛立ち、出ても結果が出ないなどといったことがあったが、このゴールで少し気が楽になった


ちなみにこの試合は大阪にある[Any Style]キュウさん達と観戦しました。
お店の雰囲気もとてもいい感じで、店員さんも気さくで良い方でした。
大阪にお住まいの方は是非行ってみてください!
また大阪に来る機会があれば行ってみようと思います。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2006年リーグ戦09.17(Sun)10:24コメント(1)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

辛勝

20060916205838
何とか勝利!
携帯中継&速報09.16(Sat)20:57コメント(0)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

偉大な外国人

J2リーグも終盤を迎えていよいよ昇格争いが過熱してきました。
第40節、首位を突っ走ってきた柏が陥落。代わって10試合負けなしの神戸が首位に立った。

勢いのある神戸がこのまま昇格に向けて突き進むのかと思いきや、先日のバクスター監督帰国に続き、ホルヴィがACスパルタ・プラハへ完全移籍することに。

レッズと対戦したときしかホルヴィを見ていないけど、高い技術を持ったすばらしい選手だという印象があります。ホルヴィは神戸サポーターに向けてこんなコメントを残しています。
いまチームがJ1昇格に向かってひとつになっているときに、母国であるスパルタ・プラハよりオファーが入り、私自身、本当に悩みに悩み抜きましたが、移籍することを決断しました。

私はヴィッセル神戸で素晴らしい2年間を過ごすことができました。
そして、この素晴らしいクラブの一員であったことを誇りに思っています。神戸のみなさんは、私のキャリアの中でも最高のサポーター(の方々)でした。

みなさんの中には、私の突然の帰国に対して納得のいかない方や怒る方もいらっしゃるとは思いますが、私がいなくても、ヴィッセル神戸は今年必ずJ1に昇格すると信じています。
そして、ヴィッセルはその後も、J1でずっと戦いを続けていくことのできるチームです。

みなさんには、私のスパルタ・プラハでの活躍を見守っていて欲しいですし、来年は(UEFA)チャンピオンリーグに出場できるように頑張りたいと思います。

ヴィッセル神戸は私の心の中に永遠に生き続けていくことでしょう。

We Are Kobe!

Pavel Horvath

泣かせるコメントじゃないか
サッカー界に移籍はつきもの。しかも外国人となれば1~2年でチームを去る選手も少なくない。ホルヴィも在籍は2年間という短い間ではあったが、神戸をそして神戸サポーターを心底愛していたんだなと思います。

最近で言えば、我がレッズにもトミスラフ・マリッチという偉大な選手がいました。契約更新をしないことを告げられてもモチベーションを落とすことなく、5試合連続6ゴールという大活躍でレッズを天皇杯優勝へと導いてくれました。
その翌日に多くのサポーターに見守られて日本を去ったトミー。レッズ、そしてレッズサポーターを愛してくれたトミーを我々は忘れない。

同じように神戸サポーターにとってもホルヴィは決して忘れることがない偉大な選手として心に刻まれたことだろう。彼のためにも昇格できるよう頑張ってほしい。

ホルヴィが母国で活躍できることを祈ります。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:ヴィッセル神戸|ジャンル:スポーツ
J League09.15(Fri)03:10コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

やめてくれ~

ファミリーマートがまたもやこんな事を始めようとしています。

今年もやります!浦和レッズ応援弁当!!

コアなサポーターならご存知でしょうが、『弁当の呪い』というものが存在します。


【弁当の呪い ~その①~
2005年7月「エメル丼」発売。
弁当の発表当時、怪我治療?のためブラジルに帰国していたエメルソン。そのまま帰国することなく、アルサード(カタール)と極秘で契約を結び電撃移籍。本人不在のまま強行発売。

【弁当の呪い ~その②~
2005年11月「浦和レッズ応援弁当 ビクトリー丼」発売。
リーグ戦も終盤になり大詰めを迎えた時期に発表、直後の試合でG大阪に痛い敗戦。降格したヴェルディには勝ったものの千葉にも敗れアウェイ2連敗。

【弁当の呪い ~その③~
「田中タツタ丼」の発売が検討されると、達也が試合中に骨折して長期離脱。
※これは発売されていないので真偽の程は不明


レッズの他にも多数の事例があるように弁当を発売すると数々の不幸が起きている。
ジンクスや占いはあまり気にしないあつたろうですが、こればかりは心配です
何も起きない事を祈るばかりだ。

ファミリーマート!余計なことするなっ!

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.14(Thu)00:44コメント(7)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

浦和レッズマガジン第7号

浦和レッズマガジン第7号(2006.10)が発売されています。
浦和レッズマガジン第7号

第1特集 『赤き血の日本代表』
・中東遠征現地リポート
・レッズを変える7人の男たち
第2特集 『ワシントンのすべて』
・ワシントンに与えられた2つの選択肢
・ワシントンストーリー「絶望の淵からよみがえった不屈のストライカー」 

ワシントンストーリーは必見ですね。
早速明日買ってこようと思います。


そう言えば、第6号をまだ買ってなかった・・・

サッカーブログランキング参加中です
浦和レッズ情報09.13(Wed)01:22コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

脳内永井祭り

浦議SNSにある永井雄一郎コミュ二ティ(HiroNさん@管理人)で「脳内永井祭り」というものが流行っております。

永井が活躍しようものならこのトピックは永井信者で溢れかえる。
大宮戦での劇的ゴールで当然のように大騒ぎです。
2006.9.10 第22節大宮戦 ロスタイムゴール!


永井のコメントは以下の通り。 ※RPより引用
もう少し決めるところを決めていれば、楽に戦えていた。自分も含めて大きなチャンスを外してしまい、試合を苦しくさせていた。でも、シュートを外した悔しさを忘れずにプレーできたのが、最後につながったと思う。今日はワシントンとの2トップだったので、彼の近いところでプレーしたいと思っていた。前半は攻撃のリズムが良かったと思う。もっとシュートを打って終われていれば良かったが。今の浦和レッズは個性の強い選手が多く、それぞれに武器を持っている。今日のように多少、メンバーが代わっても問題はない。


ワシントンの足の状態が不安だが、ロビー・ネネも復帰してようやくフルメンバーが出揃ったレッズ。永井の出場機会は限られてくるかもしれない。
でも、この調子を維持してサポーターの期待に応えてほしいものだ。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
永井雄一郎09.12(Tue)01:33コメント(4)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コンサドーレの王子様(BlogPet)

きょうれでぃあ♪は、静岡へ社会っぽい制裁するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報09.11(Mon)13:16コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ホームじゃなくてアウェイだった・・・

9月10日(日) 2006 J1リーグ戦 第22節
大宮 0 - 2 浦和 (19:05/埼玉/35,059人)

得点者
'44 ワシントン(浦和)、'89 永井雄一郎(浦和)


前回の対戦に続き、永井がロスタイムにダメ押しゴール!
2006.9.10 第22節大宮戦(埼スタ)①


その時あつたろうは・・・漫画喫茶でテレビ観戦
実はチケが無くて参戦できなかったんです。
ホームの試合は全て購入済みなので油断してました。
出かける寸前にチケが無い事が判明
でも、埼スタだから当日券あるだろうと思い、HPで確認すると「当日券の販売はありません」と無情の文字が・・・
今日はアッパーは開放していなかったらしくて既に完売でした。

大宮めぇ 
埼スタでレッズ相手なら観客がたくさん来る事は予想できるだろ!
何でアッパー開放しないんじゃ!

と、愚痴をこぼしてもしょうがないので、おとなしくテレ玉が映る漫画喫茶で観戦
せっかくの永井のスタメン&ダメ押しゴールを生で見られないとは・・・
まぁ、勝ったから良しとしよう。

ちなみに今日は暢久の31回目の誕生日
久々のスタメンだったが見せ場なし。
レッズ一筋のキャプテンはこんなもんじゃない!頑張ってスタメンを奪い返せ!
2006.9.10 第22節大宮戦(埼スタ)②


順位表 (第22節終了時点) 
             勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 G大阪   49   15   4   3   56  29  +27
2位 川 崎   47   14   5   3   55  28  +27
3位 浦 和   46   14   4   4   44  17  +27
4位 清 水   44   14   2   6   41  25  +16
5位 鹿 島   39   12   3   7   37  33   +4

上位5チームが全て勝ったため順位の変動はありません。さらに上位3チームの得失点差が並びました。そろそろ順位が固まってきて優勝争いが絞られてきています。
一方、降格争いのほうも気になってきました。
 
              勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
14位 甲 府   25   7   4   11   27  45  -18
15位 広 島   23   6   5   11   29  40  -11
16位 京 都   15   3   6   13   29  53  -24
17位 福 岡   13   1  10   11   21  37  -16
18位 C大阪   13   3   4   15   26  50  -24


15位広島と16位京都の勝ち点差は8。この差はかなり大きい。下位3チームは相当厳しい状態です。せめて入替え戦で可能性が残る15位を目指して巻き返すことができるのか。注目です。
って言うか福岡は22試合もしてわずか1勝って・・・

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2006年リーグ戦09.10(Sun)23:26コメント(4)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

クラブ世界ランキング

2005年9月1日~2006年8月31日までのクラブ世界ランキングが発表されました。
1位 バルセロナ (スペイン)
2位 セリビア (スペイン)
3位 インテルナシオナル (ブラジル)
4位 インテル (イタリア)
5位 ACミラン (イタリア)
6位 マルセイユ (フランス)
7位 リバプール (イングランド)
8位 アーセナル (イングランド)
9位 ASローマ (イタリア)
10位 バイエルンミュンヘン (ドイツ)



ちなみに日本でランキング入りしているのは以下の2チーム。
247位 浦和レッズ
292位 ガンバ大阪

まだまだ世界レベルで見ると下位です。
どういう計算でランキングを決めているのかわからないけど、来年ACLで良い結果を残せば順位が上がるかな。
Jリーグ発展のためにもACLで結果を出してほしいですね。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.09(Sat)18:43コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Stickam

新しいブログパーツを見つけたので久々にカテゴリーを追加しました。
STICKAMです!

画像だけでなく動画やチャットもできるようです。
とりあえず、背景をユニにして画像は永井を中心にアップしてみました♪
まるで永井の写真集のようです

これから少しずつカスタマイズしていこうと思います。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:ブログパーツ|ジャンル:ブログ
その他09.08(Fri)08:10コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

イエメン戦で気が付いたこと。

AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
9月6日21:20キックオフ(日本時間)/イエメン・サナア
イエメン代表 0-1 日本代表

得点者
89分 我那覇和樹(日本代表)


我那覇の代表初ゴールで辛勝です。
仕事をしながら観戦していたので内容はよくわかりません
ただ、いくつか気になったことがあります。


①青いユニを来た闘莉王が中澤に見えてきた
髪が伸び放題の闘莉王。遠目で見るとチリチリ具合はおでこ以外中澤にそっくり。


②土井アナが「啓太」と呼んでいた
「鈴木」と呼ばれても違和感があるが、上野アナ以外の人が「啓太」と呼ぶと凄く違和感がある。 


③我那覇がに見えた
襟足といい、微妙な髪の長さはまるで馬のタテガミのようだった。


④誰よりもでかい大熊コーチの声
指示が丸聞こえのため、オウム返しのように土井アナが繰り返し解説してた。


⑤0-0でロスタイムを迎えた時、強運のジーコ前監督ならここで点が入るんだろうなぁと考えてしまった
馬のゴール我那覇のゴールにより、ジーコが強運だったのではなく、選手達の力だったことが証明された。


⑥やっぱり代表よりレッズのほうが面白い。
レッズから7人も選ばれているので以前よりは楽しめるかなと思ったが、やっぱりイマイチ感情移入できなかった。



まぁ、何はともあれ怪我もなく終わって一安心
今週の土日にはすぐにリーグ戦が再開されます。
巷ではさいたまダービーと言うようだが、気にせず確実に勝ち点3をゲットするぞ!

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:サッカー日本代表|ジャンル:スポーツ
日本代表09.07(Thu)02:32コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コンサドーレの王子様

北海道出身のあつたろうですが、実はレッズの次にコンサドーレ札幌を応援している。と言うわけで何気にコンサドーレ情報には多少気を使っています。

現在、サガン鳥栖に在籍している新居辰基は元々コンサの選手でした。
新居辰基


1983年12月22日生まれの22歳。
2002年にコンサドーレ札幌ユースからトップ昇格。
新人としてリーグ戦5試合に出場して2得点。
※2002年と言えばコンサはまだJ1

将来を嘱望され「コンサドーレの王子」として羽ばたくはずでした。

そんな新居に試練が訪れる。
2004年8月、酒気帯び運転及び交通事故を起こして逮捕、すぐにチームから解雇されてしまった。

その後、同年10月に静岡FCに入団。
2005年にはサガン鳥栖に移籍。
J2リーグ39試合出場17得点日本人得点王となった。
今年は第37節終了時点20得点と昨年以上の得点をあげ、各チームの外国人助っ人を抑えてJ2得点王となっている。


飲酒運転で交通事故という決して許されない過失から社会的制裁を受け、様々な困難があっただろう。試練を乗り越えて一段と逞しくなった新居はまだ22歳である。これからの新居の成長を暖かく見守りたいと思う。

来年はJ1の数チームからオファーが殺到するんだろうな。


サッカーブログランキング参加中です
スレッド:Jリーグ|ジャンル:スポーツ
J League09.06(Wed)01:05コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アジア杯最終予選/サウジアラビア戦

AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
9月3日20:30キックオフ(現地時間)サウジアラビア・ジェッダ
サウジアラビア代表 1-0 日本代表

得点者
73' アルドサリ(サウジアラビア代表)


Jリーグ過密日程の中、発表日に出発して到着後即練習。選手達がの疲労後はピークに達していることだろう。
まぁ、この予選は上位2チームが本大会出場となるので、それほど痛い敗戦というわけではない。次に期待しましょう。

アレックス
気持ちを切りかえて次は勝点3を取りたい。
ハーフタイムのオシム監督? そこまで怒っていなかった。信じられないミスパスが多いとは言っていたけど。ムリにパスを出さずにキープすることも大事。コンディションは自分だけでなくみんなもきつい。今日の試合も動けなかったわけじゃない。ちょっとしたミスで失点してしまい、チャンスに点を取れなかった。コンディションの問題はそこまで響いてはいない

達也
2度3度決定機があった? それよりも僕らがしっかり守備をすべきだった。相手に自由を与えすぎた。僕らFWも決め切れなかった。切り替えて次に臨むしかない。サウジアラビアとホームでも試合はあるし。
FWが孤立した? そういう場面もあったと思うけど、相手に押し込まれていたし、しょうがない。守備陣は頑張ったし、後半もチャンスがあった。入れるところで入れないとダメ。もっとチャンス自体もたくさん作らないといけない。勝てる試合だった。切り替えていくしかない

啓太
もっとボールを前に入れられれば、いい形を作れたと思う。そこまでは出せなかった。ミスとか相手のプレスもあって五分五分のボールになってしまった。阿部が最終ラインに下がって? 中盤が広くなりすぎたというのがある。コンパクトにできず、セカンドボールも拾えない時間帯があった。アレックス(三都主)やヤットさん(遠藤)とコンパクトなブロックを作りたかった。最初の15分間はサッカーができていなかった。相手どうのこうのじゃなく、自分たちの問題だと思う

闘莉王
オシム監督にはもっと自分たちが練習していたことをやれと言われた。暑さの影響は全然ない。自分は大丈夫だったけど…。失点のシーン? 行かなきゃいけなかったですね。飛び込みすぎるとスルーパスで抜かれてしまう。我慢していたら、足に当たって、うまい具合に足に転がってしまった。ミスもあるし、もうちょっと自分たちのやることをやらないとこうやって負けてしまう。先日のイエメン戦よりはビルドアップがやりにくかったかもしれないけど、みんなやろうとはしていた。でもなかなかリズムができなかった

次の試合は9月6日イエメン戦です。
怪我せずに無事に帰ってきてください。

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:サッカー日本代表|ジャンル:スポーツ
日本代表09.04(Mon)08:17コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

王子と悪童(BlogPet)

きょう、名波まで浦和の相手っぽい試合されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。

サッカーブログランキング参加中です
浦和レッズ情報09.03(Sun)17:36コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アレックス・優勝に専念

アレックスがプレミアリーグへの移籍を断念していたことが発覚。

浦和・三都主、プレミア2クラブからオファー断っていた
三都主プレミアからのオファー断った 

アレックスはエスパルス時代の2002年にプレミアリーグ・チャールトンへの移籍が決まりかけていたことがあった。今でこそ不動の代表メンバーだが、当時は就労ビザ発行の条件である【過去2年間での代表試合の75%以上出場】という条件を満たしていなかったため破談になった経緯がある。

そして、2003年にレッズに移籍してきた時は、「どうせすぐに海外に出ていくんだろう。腰掛けのつもりなら来るな!」と思ったし、「アレックスなんかいらねーよ!」と思っていた時期もあったのは確か。
しかし、そんなアレックスも気が付けばもう3年目になり年齢も29歳になった。すっかりレッズにも馴染んだだけではなく、特に今季は絶好調でチームを引っ張り、今やレッズに欠かせない存在となっている。
だが、一方で彼自身の夢である海外移籍のチャンスは年齢的にもギリギリのところだろう。彼のことを考えれば気持ちよく送り出してあげたい気分です。

レッズをリーグ優勝に導いた後にね

サッカーブログランキング参加中です
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.02(Sat)01:25コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。