» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~ガンバ大阪編3~

10月30日(日) 2005 J1リーグ戦 第29節
FC東京2-1G大阪
(15:03/味スタ/34,848人)

今日はガンバの負けを祈って再び味スタに潜入することにした。
今回は前回とはモチベーションが違うので、試合開始前に味スタに到着。

味スタに入る直前またもや例の看板が現れた。
茂庭大看板

も、茂庭だぁー!!(2回目)


しかし、今回は生まれて初めてガス東京を心の底から応援するという使命があったので、怯むことなく無事通過。いっそのこと「レイザーラモンHG」みたいな格好してくれればいいのに。茂庭なら似合いそう。
当日券を買おうとチケット売り場に並ぶと、なんとガス東京ゴール裏席が売り切れているではないか。チッ!
ガス東京の試合で高い指定席を買うつもりは無いので、アウェイ自由席を買うことにした。前回と同様でなぜか味スタに来ると応援してないほうのゴール裏に来てしまう。これも宿命か?

思ったよりもお客さん入ってるぞ。試合開始直前、恒例の『YOU'LL NEVER WALK ALONE』が始まった。
試合開始直前


いよいよ(レッズ逆転優勝のための)決戦が始まる!



味スタ潜入 ~ガンバ大阪編4~ に続く
スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
味スタ潜入10.31(Mon)07:14コメント(3)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~ガンバ大阪編2~

20051030165706
ガンバ負けた!!!やったー!!
味スタ潜入10.30(Sun)16:57コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~ガンバ大阪編~

20051030141804
ガンバ負けろ~!でも、ガンバサポ席に座ってみた。おとなしく観戦しよう。
味スタ潜入10.30(Sun)14:18コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第29節vs川崎フロンターレ戦

2005年10月29日(土)15:35キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ3-2川崎フロンターレ
得点者:8分PKアレックス(浦和)、34分アレックス(浦和)、37分ジュニーニョ(川崎)、44分マルクス(川崎)、76分闘莉王(浦和)
観衆数:37,593人


6連勝中で絶好調の川崎相手に何とか勝利して3連勝。
勝ったのはもちろん嬉しいけど、今日は主審のおかげで勝てたという感じがしてならない。最初のPKも微妙だし、川崎のセットプレーからのキレイなゴールもファウルで取り消し。スポーツに"たられば"は無いのだが、もし違う主審だったら2-3で負けていたかもしれない

試合後の関塚監督のコメントは以下のとおり。
「非常に残念に思う。選手が帰ってきてかける言葉がなかった。僕自身はこのチームで指揮をとれて誇りに思う。それがすべて。我々は勝とうとして持っているものすべてを出したが、我々を勝たせてくれない何かが働いていたと思う

大人のコメントだ。きっと言いたいことはたくさんあるだろう。しかし、それを言っても結果は何も変わらないのは事実。主審を責めるのではなく選手達を称える。なかなかできるものではない。このコメントを聞いただけでも関塚監督の指導者としての優秀さはわかる。特に若い選手にとって指導する監督で将来に大きく影響するものだが、川崎の選手達は幸せだなと思った。関塚監督は来季、鹿島の監督就任が噂されているがどのチームに行っても頑張ってもらいたいものだ。

つい何週間か前に「こういうことが起こるのは日本だけだ。このようなことがありえるのか。」とコメントしていたギドは関塚監督のコメントを聞いてどう思うのだろうか。


まぁ、何はともあれ勝利したことに変わりは無い。残り5試合も全部勝って最後まで望みを繋げよう。


順位表は以下の通り。(10月29日現在)
        勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 
1位 G大阪  54  28  16  6  6  73  48  +25
2位 鹿 島  52  28  15  7  6  53  33  +20
3位 浦 和  50  29  14  8  7  55  33  +22
4位 千 葉  49  29  13  10  6  48  36  +12
5位 C大阪  49  28  14  7  7  41  36   +5

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦10.29(Sat)23:59コメント(0)トラックバック(4)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

何で売ってないの?

今月の「SOCCERZ」は全57ページのレッズ大特集SOCCERZ


これは何が何でも買わないとならない!
と言うわけでお昼休みに本屋さん巡り。まずは駅ビルの大きい本屋さんに向かう。立ち読みでごった返す人混みをかき分けて探すものの見つからず。次に駅前の古びた本屋に向かうがここでも見つからず。
何で売ってないんだよぉ・・・

品切れで無いのかはじめから置いてないのかわからないが、とにかくどこを探しても無い。埼玉ならまだしもここは恵比寿だからなぁ。はじめから取り寄せていない可能性が高い。最後に希望を託して会社に戻る途中にコンビニも寄ってみたがやっぱり無い。恵比寿は本屋さんが少ないから不便。帰宅途中に渋谷で買おうと思っていたのだが、会社を出たのは23時半過ぎ・・・
もう本屋さん閉まってるよ

結局今日は買えずに帰宅。それにしても今日ほど立ち読みの人がウザいと思ったことはない。人が一生懸命探してるのに堂々と場所取りやがって
あんたらと違ってこっちは限られた時間の中で買いたい本を探してるんだよ!ちょっとは気を使ってどけろっちゅうの!立ち読みをよく思わない本屋の店員さんの気持ちがちょっとわかった一日だった。


明日こそ見つけ出して買うぞ。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.27(Thu)01:34コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

永井雄一郎物語 ~番外編~

たっちゃんをじ~この悪の手から救え!

永井雄一郎物語 ~番外編~

2005.8.16 清水2


クリアした人は感想を書いてくれると嬉しいです。
みんな頑張れ~!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
永井雄一郎10.25(Tue)08:25コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

永井雄一郎物語(想像含む) ~その7~

永井雄一郎物語の続編。

第26節セレッソ戦で永井はいつものように達也と2トップを組んだ。しかし、本当に出場しているのか?と思うぐらい永井は消えていた。このプレーぶりで浦議をはじめ各サイトでまたもや永井不要論が勃発した。永井がちょっと悪いプレーをすると必要以上に叩かれる。それは責任の重さゆえか?

第27節柏戦、第28節大宮戦で永井は右サイドで出場。セレッソ戦とはまるで別人のようにタッチライン際で永井は輝いた。幾度となく相手DFを切り裂き、正確なクロスで3アシストを記録。永井の持つポテンシャルの高さ、圧倒的な存在感を存分に見せつけた。

永井を右サイドで使う意図を問われたギドはこう答えた。
「非常に簡単。中央に入れば相手選手に囲まれてしまい、中央突破が難しい。しかし、サイドにはスペースがあり、永井のドリブル突破がより活きる。また、永井は2列目からいいパスも出せる。あのポジション(右サイド)がいちばんあっていると思う」

永井のアシストで3ゴールを決めたトミーはこう語る。
「永井のクロスは非常に精度が高い。テクニックもあって最高の選手だと思う。」


既に何度も言っていることだが、永井はストライカーではなくアタッカーなのでサイドを主戦場とすればより活きることがこれで証明された。ギドやトミーのコメントでもわかるように永井はクロスの精度が高いし、スルーパスも出せる。さらに縦への突破力も優れている。「永井なんかいらねぇ」と言う奴の気がしれない。これからもレッズにとって必要不可欠な存在であることに変わりはない。
右サイドでの永井の活躍ぶりを見れば代表復帰も夢ではない。少なくても加地よりは使えるはず。でも、代表に呼ばれて欲しくない気持ちもあるから複雑だ。

FW 永井雄一郎

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
永井雄一郎10.24(Mon)00:00コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

検索ワード (BlogPet)

きょうは、人影響された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報10.23(Sun)09:32コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第28節vs大宮アルディージャ戦

2005年10月22日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
大宮アルディージャ1-3浦和レッズ
得点者:3分アレックス(浦和)、7分桜井(大宮)、53分闘莉王(浦和)、69分マリッチ(浦和)
観客数:30,038人

さいたまダービーを制して前回の借りは返した。
永井も大活躍で嬉しい限り
セレッソ戦でのプレーで、わずか3週間前に議論されていた永井不要論は完全に払拭したようだ。永井⇒トミーのホットラインも成熟度が増してきて今後も期待できる。


ガンバが負けたことにより順位は下記のようになった。

        勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 
1位 G大阪  54  28  16  6  6  73  48  +25
2位 鹿 島  52  28  15  7  6  53  33  +20
3位 浦 和  47  28  13  8  7  52  31  +21
4位 千 葉  46  28  12  10  6  47  36  +11
5位 C大阪  46  27  13  7  7  39  35   +4



それにしてもシャムスカ監督就任後の大分は凄い。今日もガンバに勝利。いくら調子が良いとは言えどガンバに勝つとは思わなかった。ジェフも特筆すべき順位。元々選手層が薄いのに昨年の主力メンバーがごっそり抜けた今年は降格争いをすると誰もが思っていたはずだ。それなのに第28節終了時点で4位(暫定)は大健闘。あの戦力で何で勝てるんだ?オシム監督恐るべし。
そう考えるとやはり監督の力は絶大なのだろう。特に飛びぬけたビッグクラブがないJリーグでは監督次第で成績が大きく左右される。今週ギドの来期続投が決まったばかりだが、まだ監督経験は2年目。今後レッズで成功を収めて名将と呼ばれるようになってもらいたいものだ。

いつの日かギド監督が欧州クラブ、福田監督がレッズで優勝となれば最高だなぁ。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦10.22(Sat)23:54コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

何でもありか? ~その2~

一昨日、何でもありか?で紹介したばかりで、またもや強烈なものが出現。


その名も
「REDS RICE(レッズライス)」

レッズライス
 ※「普通のコシヒカリだろ!」と突っ込んではいけません。

浦和レッズパートナーのJAグループさいたまの新商品らしい。
ご丁寧に贈呈式まで行われたようだ。

REDS RICE贈呈式

スポンサーだからもちろん断ることはできないと思うがギドの笑顔が痛々しく感じるのは自分だけだろうか・・・贈呈式ではREDS RICE1年分(1t)が贈呈された模様。


ところで、よく「○○1年分プレゼント」とあるが1年分の基準って何だろう?
今回の場合で言えば下記の計算式が成り立つ。
1t(1,000kg)÷365日=約2.7kg ⇒1日あたり約2.7kg
2.7kg÷3食=0.9kg ⇒1食あたり0.9kg

900150g(茶碗1杯分)=6


1食で6杯も食べる奴いねぇよ!!


誰か1年分の基準を知ってる人がいたら教えてください
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.21(Fri)08:30コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

検索ワード

ここ数日、各ポータルサイトの検索からのアクセスが急増している。
主な検索ワードは以下のとおり。

「柏レイソル 土屋 田中達也」
「浦和レッズ サポ 田中達也」
「土屋 ファウル 達也」
「レッズ レイソル 土屋」
「田中達也 怪我」
「達也 骨折」


これを見てもわかるように、いかに達也がレッズだけではなく日本サッカー界にとって重要な選手かということがわかる。



少数派としてこんなワード検索でアクセスしている人もいた。

「柏レイソル 土屋 ハゲ」

ハゲはないだろ・・・面白いけど(笑)


「味スタ」「東京イケイケ団」

どうやら味スタ潜入の影響のようだ。ガス東京サポが見ていないことを祈る。


「鈴木隆行 師匠 友人」

師匠ネタは既に有名。しかし、何で「友人」?何を調べたかったのだろう・・・まぁ師匠には今後も日本最強のDFWとしての活躍を祈る(レッズ戦以外で)


「浦和レッズで働きたい」

残念ながら就職の斡旋はおこなっておりません。コネもありません。人に斡旋するぐらいなら自分で働いております。


ちなみにブログを開設してから最も多い検索ワードは

「永井雄一郎」

これは嬉しい。さすがに永井雄一郎物語を書いただけのことはある。これからも何かネタがあれば続編を書きたいと思う。



※ポータルサイトからのアクセスが増えたので右下にあるランキングから主要ポータルを非表示にしました。
浦和レッズ情報10.20(Thu)01:36コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

何でもありか?

最近、オフィシャルで立て続けにグッズが紹介されている。


①「ゲルマパワーブレス」
ゲルマパワーブレス
カラー:赤・黒/サイズ:M・L/価格:¥2,100
無機ゲルマニウム粉末を配合した健康グッズ
※無機ゲルマニウムとは地球の地殻に広く分布している鉱物に含まれた半導体で、主にIC機器や医療器具として使われている身体に優しい物質です。温度・光・電磁波によく反応し、それらの強弱によってマイナス電子が変化して放出されます。


②「ゲルマパワーループ」
ゲルマパワーループ
カラー:赤・黒/サイズ:M・L/価格:¥2,625
同じく無機ゲルマニウム粉末を配合した健康グッズ


③「ひったくり防止カバー」
ひったくり防止カバー
県内のイベントや街頭キャンペーンなどで無料配布
防犯のために自転車の前かごに取り付ける「ひったくり防止カバー」のレディアバージョン


普通に考えたら要らないものだが、レッズバージョンとなると気になってしまうのがサポ心理。いやらしい巧みな販売戦略だなぁ。


そんな作戦に引っ掛かってたまるか!

絶対買わないぞ!

買わないと思う

買わないんじゃないかな

買うかも・・・




欲しい方はレッドボルテージ及びスタジアムグッズ売店へどうぞ
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.19(Wed)01:07コメント(3)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jサテライトリーグ最終戦vs東京ヴェルディ1969戦

Jサテライトリーグ・Bグループ
2005年10月16日(日)14:00・駒場スタジアム

浦和レッズ1-1東京ヴェルディ1969
得点者:24分エスクデロ(浦和)、53分町田(東京V)

メンバー
GK:山岸範宏
DF:南祐三、闘莉王(45分→広瀬祐太Y)、サントス
MF:堤俊輔Y、赤星貴文、西澤代志也Y、金生谷仁Y、中村祐也(45分→村松勇太Y)
FW:エスクデロ(45分→小池純輝Y)、横山拓也(45分→林容平Y)
観客数:1,641人


達也のことでアップが遅くなってしまったが、サテライト最終戦に行ってきた。
ヴェルディはとてもサテライトとは思えないメンバー構成。山田卓也、小林慶行、森本貴幸、平本一樹、玉乃淳など豪華な面々。試合のほうは24分にエスクデロの見事なゴールで先制。
その後、42分に平本がエスクデロの顔面を蹴り一発退場
2005.10.16 サテライト最終戦2
猛烈に抗議していたが、さすがにそれは退場だろ・・・


試合を見てヴェルディについて感じたこと。
玉乃  巧い!
森本  強い!

山田  暑苦しい!

無駄に筋肉ムキムキな上にむさ苦しい髪型。あの落武者のような風貌は何なんだ。突っ込まずには入られなかった。この日唯一のA代表経験者の風格か?違った意味で並々ならぬオーラが漂っていた。

結果は1-1のドローだったが、サテライトとは言え楽しめた試合だった。


ちなみに、この日の観客数は1,641人。
2005.10.16 サテライト最終戦1

ヴェルディサポは39人。数えることができた(笑)

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
その他試合結果10.17(Mon)23:42コメント(2)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

達也のためにできること

オフィシャルで達也の診断結果が公表された。

右足関節脱臼骨折 全治約5~6ヶ月

これで今シーズンはもちろん来シーズン開幕もOUT。ドイツW杯も厳しくなった。レッズサポとしてはこのような事態を引き起こした土屋を憎んでも憎みきれないし、代表定着を狙っていた達也のことを考えるとやり切れない思いだ。
そんな自分達を落ち着かせるために達也がこんなコメントを発表している。


浦和レッズ、そして田中達也を応援してくださるファン・サポーターの皆様へ

「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしまいましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。それが、今一番の気がかりとなっています。最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」

浦和レッズ 田中 達也


達也の今シーズンは終わったが、レッズの今シーズンはまだ終わっていない。達也に余計な心配をさせないためにも、自分達が今しなければならないことは土屋を非難することではなく変わらず最後までレッズを応援すること

来年、笑顔でピッチに立つ達也を盛大なコールで迎えられる日を早く夢見て。
達也

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.16(Sun)19:15コメント(4)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

大勝するも・・・

Jリーグ第27節vs柏レイソル戦
2005年10月15日(土)15:35キックオフ・駒場スタジアム

浦和レッズ7-0柏レイソル
得点者:23分ポンテ、49分田中達也、54分・57分・63分マリッチ、67分酒井、89分横山
観衆数:16,865人


前回は国立で0-3で敗れたが、見事に倍返しでリベンジ出場が危ぶまれた永井も右サイドで出場。期待の若手、赤星エスクデロカニ(横山)も途中出場した。トミーのハットトリックにカニまで得点を決め全てがうまくいったと思っていた。しかし、土屋の悪質な後ろからのタックルにより、負傷退場した達也右足腓骨骨折
テレビで見ると右足が明らかに変な方向を向いていた。退場後すぐに救急車で運ばれたらしい。現段階ではいつ復帰できるのか不明だが、今季絶望の可能性が高い・・・

ハゲ土屋のファウルは確かにレッズサポとしては抹殺したいほどムカつくし、決して許せるものではない。だが、プロとして真剣に戦っているからこういうことも十分あり得ることを考慮しなくてはならない。過去にエメ薩川(レイソル)に大怪我をさせたこともあるし、前節でもトミー下村(セレッソ)に大怪我をさせたばかり。その時、相手サポはレッズを憎んだことだろう。相手に怪我をさせてしまったことを話せばキリがないので、ここは冷静になって達也の一日でも早い復帰だけを祈ろう。


レイソルサポのブログをいくつか見ると、達也の怪我を心配してくれる人が意外に多かったのがせめてもの救い。敵とはいえ、お互い自分の好きなチームを愛するサポ同士、仲良くやっていきたいと思うのは甘いのかな?
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦10.15(Sat)23:45コメント(4)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スタメン発表

15時キックオフの柏戦スタメンが発表。

GK:都築
DF:坪井、堀之内、内舘
MF:長谷部、啓太、酒井、ポンテ
FW:永井、達也、マリッチ

SUB:山岸、細貝、赤星、横山、エスクデロ



出場停止や怪我によりSUBは若手ばかり、赤星が見たい!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
その他試合結果10.15(Sat)14:11コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

GO TO ASIA

ちょっとネタ的に古いがあえて。

東京V降格ならACLなし


天皇杯優勝でACL出場の権利を得ていたヴェルディだが、J2に降格した場合リーグ戦2位のチームを出場させるらしい。これはチャンス!!
去年、最終節広島戦で見せた「GO TO ASIA」が見えてきた。2位の鹿とは勝ち点差7。今の鹿のチーム状態を考えるとこれなら十分狙える。

また楽しみが増えた。って言うかやっぱりリーグ戦も優勝以外にこのような目標があれば終盤でも中位のチームに活気が出るのに。


20050924220902.jpg

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.14(Fri)08:08コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ギド続投&伸二レッズに復帰?

浦和ブッフバルト監督続投へ

ジェフ戦後のコメントで自分も含めギドの去就が気になっていたサポも多いだろう。どうやら続投で決定のようだ。正直ホッとした。過去を遡るとレッズで3年以上指揮した監督はいないので正式に決まれば初めてのことになる。コロコロ監督を変えてはチームに一貫性が無くなるので、犬飼基昭社長の決断は正しいと思う。と言うか今までが悪かったのだが。



続けてこんなニュースも入ってきた。

小野、Jリーグ復帰計画…

  夕刊フジより


ここ数年、代表に呼ばれては怪我をしてしまう伸二。クラブにとってはたまらないだろう。そのためいくら伸二と言えどもチームでの立場が危うくなってきているらしい。そこでW杯を見据えてJリーグでじっくり故障を癒すことがプランがあがっているらしい。
ただ、これは現実的には可能性は薄いだろう。夕刊フジの記事だし。
そりゃ戻って来てくれれば嬉しい。でも、いくらW杯のためとは言えこの時期にJリーグに戻ってくるとは考えずらい。万が一、戻ってくるとしたらやはりレッズか?ただ、サポの心境としてはレッズ以外のユニフォームを着る伸二は見たくない
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.12(Wed)00:12コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

残り2ヶ月

長いリーグ戦も残り2ヶ月(8試合)となった。
ここまで首位・ガンバ大阪とは勝ち点差10。レッズが残り全勝すると勝ち点65。ガンバが残り試合8試合を5勝、もしくは4勝3分で勝ち点66となり、今のガンバの勢いを考えると逆転は不可能に近い。

ただ、たとえ優勝できなかったとしても自分はスタジアムへ向かう。BooHoo!のmaoさんも言っていたが、勝てないから、優勝できないから試合に行かないというのはサポーターではない。最近こそレッズは強くなり強豪と呼ばれるようになったが、10年前はどうだったか思い出してほしい。
「万年最下位」
「Jリーグのお荷物」

よ呼ばれていた頃だ。負けることが当たり前で1勝しただけで大騒ぎ。


以前、シーチケを持っていた鹿サポ磐田サポの友人とJリーグの話をしていたときにこんな会話があった。

「今年はもう優勝できないから試合行かない」
「そんなこと言ったら、レッズサポなんて開幕から行けないじゃん」


何だとコノヤロ~!と思ったが、当時は優勝なんて遠い目標だったため、何も言い返すことができなかった。でも、最後にこう言ってやった。

「優勝できないから試合に行かないなんてかわいそうだね。優勝することでしか喜びを感じられないなんてサポじゃないじゃん」

友人からは単なる強がりだと思われたみたいだが、これは本心。そりゃ優勝できたら嬉しいけど、スタジアムでレッズを応援することが何よりも幸せなのだ。地方に住んでいたり、仕事だったり、病気だったりで行きたくても行けない人がいる。それなのに"優勝できないから"という理由でスタジアムに行かないのは間違っていると思う。

サポにできることはできる限りスタジアムに足を運び、時には厳しく叱咤しながら精一杯チームを応援すること。選手達に求めることは、スタジアムに来て良かったと思わせるような試合をすること。それだけ。

そうすれば、こんなシーンを見せられてもずっと応援し続ける。
VFSH0053.jpg


残り試合は内容のある気持ちの入った試合を見せてくれ!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.11(Tue)07:46コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

大原レポート ~その2~

練習見学中、スタンド最前列にいた子供があくびをした時にツッチーが子供に突然話しかけてきた。

「今、あくびしただろ。ランニングばかりだからつまんないよな?」

その子供と母親は笑顔で返していた。ファンとコーチの何気ない会話ができるのも練習見学ならではといった感じで、ほのぼのしていていなぁと思った瞬間である。

ボールを使った軽い運動とランニング(グラウンド10周ぐらい)だけで練習は終わってしまったのと、永井が見れなかったのでちょっと不満も残ったがしょうがない。4人が不在だったのと雨だったせいもあるのかな?これからも余裕があれば行きたいと思う。
あ、帰るときにネネが松葉杖で歩いているのを発見。でも、一人で車運転して帰っていったえ、そんな足で運転して大丈夫なのか?


ちなみに今日のポストカードは闘莉王だった。
闘莉王ポストカード

すると前にいたギャルが、
「何だ。闘莉王か。つまんなぃ~
おいおい、それは失礼だろ。  気持ちはわかるが


最後にまたサポーターカフェをぐるりと周って帰宅。
クラブハウス入口


ちなみにこんなものもありました。
駒場スタジアムミニチュア




帰宅してオールスターを見ようと思ってたら録画に失敗していた・・・
副音声が面白かったらしい。見たかったなぁ。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.10(Mon)10:01コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

大原レポート ~その1~

今週はレッズの試合がないので大原に行ってきました。天候はあいにく雨
実はクラブハウスが新しくなってから初めてなのでちょっと緊張。
クラブハウス


いやぁ、昔のボロ小屋と比べるとホント立派になったもんだ。2階はサポーターズカフェとなっていて出入りは自由。カフェ内は色々な展示物があった。

クラブロゴの説明
サポーターズカフェ


トロフィー各種
サポーターズカフェ2


旧デカユニ
サポーターズカフェ3



そしてグラウンドに向かう。昔は外から金網越しに見ていたのだが、今は2階から一望できる。
大原グラウンド


そして、スタンドの左側で選手の登場を待っていると次々と選手が出てきた。
千島だぁー!!千島を見るのはいつ以来だろうか。元気に歩いてる姿を見ていると泣きそうになってくる
千島登場

マリッチだぁー!!近くで見ると意外にカッコいいな。
マリッチ登場


オールスターで達也長谷部、代表で坪井アレックスが不在なのはわかっていたが、一番のお目当て永井がなかなか出てこないさらに闘莉王もいないぞ。しかし、そのまま練習が始まってしまう。
練習前ミーティング

エンゲルス吠える

ランニング


そしてサブグラウンドでは若手がミニゲームをやっていた。
ミニゲーム(若手組)

以前はこんな間近で練習を見ることができなかったから嬉しい


一方、主力組はと言うと結局ランニング主体の軽いメニューで1時間で練習は終了。途中で闘莉王が別メニューでランニングだけしていたが、永井は最後まで登場しなかった。先日やってしまったぎっくり腰の影響だろうか?残念



その2へ続く
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.09(Sun)22:35コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ありがとう

祝・10,000アクセス

2005年7月27日開設から地道に見てくれる人も増えてきました。
みなさんありがとう。

自分はタグとかJAVAとか難しいことはよくわからないので、色々勉強しながらちょっとずつカスタマイズしております。10,000アクセスを記念?して「POQUE(ポッケ)」を設置してみました。これからも何か面白そうなものがあればちょっとずつ変えていくつもりです。

左上部にある画像が流れるやつです。
スレッド:サッカー|ジャンル:スポーツ
その他10.09(Sun)01:07コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

小野伸二について

今日は「日本vsラトビア」、明日はオールスターがあるためJリーグはお休み。せっかくの3連休なのにスタジアムに行けないのは退屈だなぁ。

昨日、ネットでスポーツニュースを見たら伸二がまた怪我をしたみたい。1999年シドニー五輪アジア地区予選で相手の悪質な後ろからのタックルで大怪我してから、伸二には怪我がいつもつきまとっている。

小野伸二の歴史を振り返ってみると、過去にこれだけの賞を獲得している。
1998年 アジアユース選手権準優勝&MVP
1998年 AFC月間最優秀選手賞(10月)
1998年 フランスW杯出場
1998年 Jリーグ新人王&ベストイレブン
1999年 ワールドユース選手権準優勝&ベストイレブン
1999年 AFC年間最優秀ユース選手賞
2000年 アジアカップ優勝
2001年 コンフェデレーションズ杯準優勝
(2001-2002年 フェイエノールトでUEFA杯優勝)
2002年 日韓W杯ベスト16
2002年 AFC年間最優秀選手賞


これだけの実績を残している日本人選手はいないだろう。


そんな伸二がレッズを去ってから早4年が経った。
「浦和の伸二」から「世界の伸二」になった瞬間。
世界で輝け伸二


あれから伸二は輝いているのだろうか。実績で言えば十分かもしれない。でも、まだまだこんなものじゃないと思うレッズサポは多いだろう。
"たられば"はあまり言いたくないが、怪我さえなければもっともっと偉大な選手になっていたはずだ。
今以上に世界的な有名選手になって、いつの日か「浦和の伸二」として戻ってくる日を夢みて応援し続けようと思う。伸二挨拶

スレッド:サッカー日本代表|ジャンル:スポーツ
日本代表10.08(Sat)13:27コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

前半終了 (BlogPet)

絶対勝つぞ!
あと一点だ!(携帯から報告)
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報10.08(Sat)13:05コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ギドの怒り

あのギドがこんなコメントを言うなんて・・・そうとうやり切れなかったんだろう。

●ブッフバルト監督コメント
うちのほうがどう見てもいいチームだった。本来なら我々のほうが決勝に行って当たり前の結果だろう。今ここでこんなに落ち着いて話せることに自分でも驚いている。
準決勝をトータルで見ると、初戦はハンドのゴールがあった。そして今日は我々の選手が2倍、3倍の罰を受けた。PKではなく、イエローカード、そしてレッドで退場させられた。監督としていったい何を言ったらいいのか。セレッソ戦でも、PKを取らないことがあった。レッズに対してなにか特別な思いがあるのではと感じている。
本来ならこうしたことはいいたくないのだが、ここではっきりといわなければいけない。私は長年サッカー選手をやってきて色々なところでプレーをした。
こうしたことが起こるのは日本だけだ。
それは何かというと、以前、アルパイが試合前、主審に「気をつけろ」と言われた。そして今日は闘莉王のところに「気をつけろ」と。選手としていったい何に気をつけろというのか。始まる前に選手にプレッシャーを与えて、実際に試合でそのようにとっている。
このようなことがありえるのか。
試合が始まる前には全員に搭乗券を与えなければいけない。その前は関係なく、ゼロからのスタートでなければいけない。ならば、22人全員、一人ひとりに気をつけろと、言っていかなければおかしい。この場でどうしても言わなければ収まらないので、この場を借りて皆さんにお伝えした。


●長谷部誠
すごいサポーターの応援もあったし、僕らは強い気持ちで試合に臨んだ。前半は完璧と言っていいと思う。システムはチームとして点を取らなければいけなかったし、3トップ気味にした。僕は左サイドかボランチかという中途半端な位置でプレーする事になっていたが、前に行こうと考えていた。後半も前から前からと考えていたが、セットプレーで点を取られてしまった。ああいうのは、誰がマークにつくのかなどもっとケアしないといけなかった。これだけのサポーターがきて、すごい応援をしてくれた。
応援してくれるサポーターがいる限り、全力で戦い、勝ち続けたい。気持ちを入れてプレーしたい。


●山田暢久
前半は良い展開で試合ができた。ただ、後半の失点で流れが変わってしまった。僕らはシステムを変えて試合に臨んだが、それは割とうまくいった。良いペースでできていたので、セカンドボールを拾うことを考えていた。僕のポジションではヒラが上がった時や他にも前線に上がった選手のカバーをもちろん考えていた。後半相手がシステムを変えてきて、その矢先の失点だった。それがもったいなかった。ゲームに入る前のコーナーキックでやられた。(闘莉王の退場は)あの時間はみんなが点を取りたいとき。しょうがないと思う。全ては失点。前半もああいうコーナーキックを耐えていたので、後半もあの時間のコーナーキックを耐えられていれば、うちの方がリードしていた分、良いリズムでやれたともう。ちょっとした集中だし、立ち上がりは失点が多い。リードされた後は個々でボールを持ちすぎたし、前半みたいにやれれば、良い展開になったと思うが。やっとうちらしいゲームの入り方ができたので、今後に活かしたいと思う。


●闘莉王
ずっとうちのペースだった。完璧だった。
これ以上話すと変な事をしゃべりそう
なので、やめておきます。


●田中達也
前半良い形で追いつけたが…。闘莉王の退場はわざとじゃないと分かっている。次に切り替えていきたい。


●坪井慶介
決勝に進むため、今日はピッチに立った。追いついて、後半、勝負だったが結果につながらなかった。鹿島戦では1人減っても同点に持ち込めた事もあったし、もうやるしかないと思った。


●内舘秀樹
ラインの押し上げ、コンパクトにやるという指示はできたと思う。ハーフタイムは前半と同じようにやっていこうと話し合って入ったが、ああいう時間でセットプレーでやられてしまった。これは反省しなくては。そして、次に活かしていかないといけない。リーグ戦までの短い期間、気持ちと体、全てをリフレッシュして試合に臨みたい。左ヒザに関しては全く気にならなかった。


●平川忠亮
新しいフォーメーションで試合に臨んだのは、もちろん点差をひっくり返すため。攻撃的なシステムで入り、また、前線から良いディフェンスもできて、セットプレーを含めて2対0で折り返すことができたのは良かった。だけど、立ち上がりのセットプレーでの失点は相手に余裕を与えてしまった。僕らは少なからず焦りだしたし、空回りし始めた。ただ、最後まであきらめずに前に前にいけたことは、失点もあったが、望んでいた動き。リーグ戦の戦い方は違うだろうし、それは監督の指示を待つが、動きは活かされると思う。


●堀之内聖
結果は結果。仕方がない。自分が出て同点に追いつかれてしまったのは悔しい。1点取らないといけなかったからしょうがないが、ただ、最後は勝ちたかった。


●アレックス
前半は良かった。うまく2点取れた。良い流れだっただけに後半の失点は痛かった。少しナーバスになっていたかもしれない。交代のときは、監督から特に指示はなかったが、長谷部のポジションをそのままプレーした。相手の守備が固く、前を向いてプレーができなかった。


●岡野雅行
よく2点追いついた。良い展開だった。交代の時は監督から勝負していくように言われた。相手も守っていたので、流れを変えることができなかった。最後までみんな諦めずにやった


ちなみに永井は一昨日ぎっくり腰をして出場すら危なかったらしい。

選手の勝ちたい気持ちはちゃんとサポに届いたよ。長谷部のコメントにある「応援してくれるサポーターがいる限り、全力で戦い、勝ち続けたい。」を信じて最後まで戦おう。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.06(Thu)08:21コメント(5)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦vsジェフユナイテッド市原・千葉戦

2005年10月5日(水)19:05キックオフ・市原臨海競技場

ジェフユナイテッド千葉2-2浦和レッズ
得点者:19分闘莉王・27分田中(浦和)、47分・86分阿部(千葉)
観客数:11,286人
※準決勝トータル1敗1分けで決勝進出ならず


結果は周知の通り。現地参戦組のみなさん雨の中本当にお疲れ様でした。自分は急いで仕事を終わらせて、フットニックに着いたのは前半40分。
2005.10.05千葉戦

ジェフユナイテッド千葉0-2浦和レッズ

2点差リード!!これでトータルスコアは3-3!!店内はレッズサポ一色。誰もが勝利を信じていた。しかし・・・林からのCKを阿部勇樹に頭で押し込まれ1点差に。
その後、ポンテのFKから闘莉王がヘディングでゴール!!店内が大歓声に包まれるがファウルのためノーゴール

そして迎えた後半25分。闘莉王がPA内で倒され主審が笛を吹いた。
「PKだ!
だが、主審はペナルティスポットではなく闘莉王に歩み寄りイエローカード、そして続けてレッドカードを掲げる。シミュレーションを取られたのだ。レッズサポのため息と共に闘莉王が苦笑しながらピッチを去っていった・・・

だが、選手達はもちろんサポも諦めず必死で勝利の為に戦う。この瞬間、2点ビハインドで闘莉王が退場した鹿スタでの試合を思い出した。あの試合では逆境の中で2点をもぎ取り引き分けに持ち込んだじゃないか。アレックスの途中出場も全く同じ状況。諦めるにはまだ早い。
しかし後半41分、無常にもまたもや阿部勇樹がゴール・・・
試合はそのまま2-2で終了。4年連続ファイナリストの道は断たれた。

阿部インタビュー

阿部勇樹のヒーローインタビューを聞きながら静まり返る店内。


この試合でみんなそれぞれ思うことはあるだろう。結果的には決勝進出はならなかったが、自分は最後まで闘う姿勢を見せてくれた選手を称えたい。
この敗戦は誰よりも選手が一番悔しいはずだ。残りのリーグ戦もこの悔しさを忘れず最後まで闘ってくれれば、サポはずっと応援し続ける。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年ナビスコ杯10.05(Wed)23:09コメント(0)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

前半終了

20051005201205
2-0でリード!!絶対勝つぞ!あと一点だ!(携帯から報告)
浦和レッズ情報10.05(Wed)20:12コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

選手を信じよう

明日はいよいよナビス杯準決勝2ndleg。4年連続ファイナリストになるには3点差での勝利が必要な上、最近のチーム状態を考えるとかなり厳しい状況が揃っている。

しかし、今やナビスコ杯決勝戦にレッズがいないことは考えられない。
しかも準優勝(2002年)⇒優勝(2003年)⇒準優勝(2004年)ときたら次は優勝しかない!(ちょっと強引だが・・・)

キープレーヤーとなるのは誰だろう。
達也?長谷部?ポンテ?いや、永井雄一郎だ。彼はセレッソ戦で酷いプレーをしたため徹底的に叩かれている。それでも自分は永井に期待したい。どんなに裏切られても、悔しい思いをしても、気が付くと声を出して応援してしまう自分がいる。甘いのかもしれないが、冷静になればなるほど応援する気持ちだけはどんなことがあっても変わらないことに気づいた。

明日は仕事があるため臨海には行けないが、いつものようにフットニックで応援しようと思う。仕事の都合上でお店にすら行けない可能性はあるが後半からなら見れるはず。もはや恒例となった熾烈な決勝のチケット争奪戦を勝ち抜いて、今年も国立競技場に行くぞ


最近、弾幕に書いてある言葉を今こそ選手に伝えたい。

「去年の悔しさ忘れてないよな?」
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.05(Wed)07:30コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

またもや・・・

ネネが前十字じん帯断裂で全治5~7ヶ月・・・
今シーズン出場は絶望


復帰したばかりのネネがまたもや離脱
このまま退団の可能性が濃厚だろう。ゼリッチと同じ道をたどってるよ。
今季開幕時、闘莉王坪井アルパイネネ内舘堀之内とスタメンを誰にするか迷ったほど層が厚かったレッズDF陣。
気が付けば一気に層が薄くなっている。

サッカー選手に怪我はつきものとは言え、悪いことばかり続くなぁ
今は10月5日ナビスコ杯準決勝2ndlegに全てをかけるしかない。
状況は厳しいが千葉戦の勝利を祈るのみ!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報10.04(Tue)07:55コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第26節vsセレッソ大阪戦

2005年10月2日(日)15:05キックオフ・長居スタジアム
セレッソ大阪3-1浦和レッズ
得点者:9分森島・53分ファビーニョ・58分古橋(C大阪)、74分マリッチ
観客数:23,555人


今日はBS-iで放送のためフットニックでテレビ観戦。
フットニック


試合内容についてはあえて何も言わない。恐らく永井不要論が激しく議論されていることだろう。はっきり言ってあのプレーではしょうがない。得点シーン以外は完全に消えていた。残念
主審アナザーはPK取らないし・・・明らかにPA内だったぞ


フットニックで観戦すると負けたことは無かったが、ついに不敗神話崩壊
フットニック店内

フットニック店内2



まだ可能性がある限り諦めないぞと言いたいところだが、あんな試合をしているようだと厳しいと言わざるを得ない。

それにしてもセレッソ強かったなぁ・・・
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦10.02(Sun)23:59コメント(4)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。