» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~大分編最終章~

次の試合が迫ってきているのでもうガス東京にかまっている暇はない。
これでラストです。

初めての方はからどうぞ。
味スタ潜入~その1~
味スタ潜入~その2~
味スタ潜入~その3~


後半17分にFW阿部吉朗が途中出場。みんなが阿部コールをしている中、

「あれ?阿部って大分に移籍したんじゃ?」

とてもゴール裏で吐くセリフではない。しかし、さすがにここまでくると周りの人も「コイツは東京サポじゃないな」と勘付いたらしく、お咎めなし。これでちょっと気楽になったどうやらいつの間にか阿部は東京に戻ってきていたようだ。全然目立たんから知らなかったぞ。

ササの惜しいFKはあったが、たいした見せ場もなく試合はいよいよ終盤を迎える。ロスタイムに入るとガス東京サポから「シュート打て!シュート打て!」の大合唱。確かに決定的なチャンスは皆無。そう叫びたい気持ちは十分わかる。その時、東京FW(誰だかわからん)が偶然抜け出してGKと1対1に!決まったか?と思った瞬間、GK西川がナイスセーブそしてガス東京サポのため息と共に試合終了。結果はスコアレスドロー。

最後に選手が挨拶のためゴール裏へ来る。ホームでこんな内容のないつまらない試合だったから、当然ブーイングで迎えるものだと思っていた。

しかし・・・何故か拍手で選手達を迎えるガス東京サポ。
スコアレスドロー


ええぇっ~!!何でやねん!
※自分は関西人ではありません。

さすがにこればっかりは突っ込まずにはいられなかった。何で拍手なの??全く理解できん 友人の話によると挨拶の時は滅多にブーイングはないとのこと。レッズだったらホームであんなショボイ試合を見せられようものなら大ブーイング間違いないぞ。東京は甘やかされてるなぁ・・・

まぁ、いっか。レッズには関係のないことだし。結局、試合はつまらなかったが味スタ潜入は貴重な体験ができて面白かった。でも、やっぱり自分の愛するチームのゴール裏が一番楽しいということを再認識した一日でした。




これを見て気分を悪くされたガス東京サポの人がいたらゴメンなさい
嘘は付けないタイプなのでつい本音で書いてしまいました。決して悪気があるわけではないので。J2に降格しないように頑張って下さい。
スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
味スタ潜入09.30(Fri)08:00コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

エメが・・・

速報!

エメがアルサード(カタール)を退団することが濃厚らしい。

本当なのか!?
どうするんだエメ!


続報求む!!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
エメルソン09.28(Wed)02:22コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~大分編3~

なぜかその3まで続いている味スタ潜入
初めての方はからどうぞ。
味スタ潜入~その1~
味スタ潜入~その2~


友人が「タバコ吸いたい」と言うのでそれに付き合うことになり、席を離れる。そうするとなぜかみんなスタジアムの外へ向かっている。どうやら味スタではハーフタイム中スタジアム内は禁煙らしい。

「あ、もしかして灰皿事件があったから禁煙か?」

やべぇぇぇ!すっかり気が緩んでつい口を滑らせてしまった
周囲からの冷たい視線をビシビシ感じる
「わからん」と友人に軽く流され、スタジアムの外へ向かう。すると出口で何やらバカでかいカードを配っている。喫煙カード(うる覚えなので違うかもしれない)というもので、ちゃんとスタジアムから出てきたという証明らしい。それが無いと再入場できないとのこと。

「こんなものわざわざバカでかくしないで、小さい紙にすればいいのに。」

またやっちまった!つい余計な言葉が出てしまう・・・ここはアウェイなんだから口に出す前に考えないといかんな。
喫煙場所では当然のようにを身にまとうガス東京サポの強面たちが待ち受けている。思い切り普段着の自分はやっぱり浮いた存在になっていた。座席に戻る際、あの無意味にバカでかいカードを係員に渡して再入場。


そして後半が始まり、いきなりガス東京サポが吼え始める。
トーキョー!トーキョー!
続いてコールが始まる。(以前に書いたようにコールを知らないので何を言っていたのかは覚えていない)
その瞬間、自分の携帯からファーストインプレッションが流れ出した。

マナーモードにするの忘れてたぁぁ!

コールの最中だったのでどうやら周りには気づかれなかったようだ。
危ねぇ・・・ (でも、よくよく考えてみたらガス東京サポはファーストインプレッションを知らないかも)
度重なる危機をよそに試合は進んでいく。




またまた続く・・・(いつまで続くのだろうか)
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
味スタ潜入09.28(Wed)01:47コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~大分編2~

味スタ潜入~その1~ の続編

気持ちを落ち着かせ、とりあえず周りを見渡してみる
UB(注:URAWA BOYS)程ではないが、かなり厳つい面々が顔を揃えている。とてもじゃないがレッズのタオルマフラーなんか出せる状況ではない
(出す必要は全くないのだが・・・)
この状況じゃ一目でレッズサポだとばれてしまうストラップが付いている携帯も出せないぞ。

ゴール裏の熱い場所なので当然座っているものはいない。さらにコールをしていないと冷たい視線が飛んできそう。手を振るぐらいなら何とかなるが、
東京のコールなんて知らん

とりあえず見よう見真似(もちろん口パク)で何とかついていけたのでうまく誤魔化せたようだ。しかし、強いてどっちかを応援するかと言えば大分なので、大分のチャンスになると、自分ひとりだけ明らかに周りとは違う反応

大分FW(誰だがわからん)が惜しいシュートは放つと、
「危ねぇー!」  「惜しぃ~!」
大分DF(誰だがわからん)がパスカットすると、
「何やってんだよ!!」  「ナイスカット!」
 
ヤバイ・・・つい本音が出てしまうぞ。こればっかりは本能なのでしょうがない。それにしても観戦がこんなに辛いと思ったのは久々だ。体に悪いな。


試合内容と言えばお互いチャンスらしいチャンスもなく、まさに凡試合。
「さすが降格を争うチーム同士の対戦だなぁ」
と思ったが、この場ではとてもそんな恐ろしいことは言えん。


そんなことをしているうちにハーフタイムを迎える。
FC東京ロゴ





またもや続く・・・(意外に長編になりそうな予感)
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
味スタ潜入09.27(Tue)01:06コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

味スタ潜入 ~その大分編~

2005年9月25日(日)15:04キックオフ・味の素スタジアム
FC東京0-0大分トリニータ
観客数:20,717人

今日は何も予定がなく、ガス東京サポの友人に強引に誘われたせいもあり「FC東京vs大分」を観戦。実は我が家から一番近いスタジアムは味スタなのだ。いつも埼スタまで行く時間を考えるとホント近く感じる。味スタは飛田給駅からも近いから便利。
直前まで行くかどうか迷っていたため、飛田給駅に着いたのは15時15分。とっくに試合は始まってる。しかし、元々それほど興味がないためのんびりスタジアムに向かう。味スタに入る直前にいきなり試練が待ち受ける!

も~に~ワ!

も、茂庭だー!! 

カッコつけてるよ・・・看板バカでかいし・・・「Teruyuki Moniwa」って書いてあるし・・・突込みどころ満載であまりにも面白すぎる。一人でいた自分は笑いをこらえるのが大変だった。さすがガス東京。なかなかやるな。


そしていよいよ味スタに潜入。すでに試合が始まっているため人はまばらだ。
味スタ入り口




スタジアムに入り友人と連絡を取る。友人のいた場所は何と東京イケイケ団のすぐ傍で熱いサポが最も密集しているところ。入りずらいっす・・・
しかし、負けてたまるか!昨日手に入れた暢久クリーナーを手に握り締め、レッズのタオルマフラーカバンに忍ばせて、何とか席まで到着。
ガスサポ


トーキョー!トーキョー!と響き渡る憎きガス東京サポのど真ん中で、身も心も根っからのレッズサポが果たして無事に帰ることができるのだろうか!?



続く・・・   
スレッド:FC東京|ジャンル:スポーツ
味スタ潜入09.25(Sun)23:59コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第25節vs横浜F・マリノス戦

2005年9月24日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ0-0横浜F・マリノス
観客数:49,800人


結果はスコアレスドロー。負けなかったと捉えるべきか勝てなかったと捉えるべきか。今の状況を考えると勝ち点2を失ったと言うべきだろう。いくら中位に甘んじているとは言えやっぱりマリノスは強かった。特に中澤栗澤河合の3バックは終始安定していた。バイタルエリアまでの侵入を許すことはあっても、最後の砦はしっかりと押さえる。

この試合でまたもや負傷退場者がでた。後半22分河合と競り合った坪井がピッチに倒れこんだまま動かない。担架で運ばれるもスタッフからバツのサイン。検査結果は脳震とう軽い頸椎捻挫。長期離脱の可能性も否定できない。ここにきて闘莉王、坪井と守備の要が立て続けに負傷。残り9試合となった今、怪我や出場停止が大きな影響を与えてくるのは間違いない。しばらくは内舘・堀之内・ネネで臨むのは間違いないが、バックアップが手薄。考えられるのは平川、山田を下げるのだろうか。優勝に黄信号



試合前、南門広場でボーダフォンブースでスタジアム限定オリジナルREDSユニフォーム型ケータイクリーナーがもらえるイベントをやっていた。自分はアウェイユニの暢久でした
VFSH0015.jpg

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦09.25(Sun)12:18コメント(3)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

人文字



ハートは初めて見た。ちょっとかわいい
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
携帯中継&速報09.24(Sat)22:06コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

選手紹介・永井雄一郎

2005.9.24横浜戦

永井頼むぞ~!

山瀬出ないのかよ・・・
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
永井雄一郎09.24(Sat)15:01コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

再会・山瀬功治

明日はいよいよマリノス戦。
優勝の望みが無いマリノスはモチベーションが落ちているはず。
勝利するのはもちろんだが、楽しみなことがある。

山瀬功治を埼スタに迎えること


昨年の2ndステージ新潟戦で重症を負ってそのままシーズンを終えた山瀬は、今年開幕直前に移籍を決意した。しかもマリノスに。同じ道産子でもある山瀬はレッズの中でも永井、エメの次に好きな選手だったのに・・・

北海高校卒業後にコンサドーレ札幌でJリーグ新人王を獲得。決して足が速いわけでも、長身でも、フィジカルに恵まれているわけではない。しかし、類まれなるパスやドリブルのセンス、運動量、視野の広さでトップ下に君臨。寡黙な男だが魂の熱さに惹かれていた。
そんな山瀬がコンサドーレからレッズに移籍するとわかった時は本当に嬉しかった。移籍発表の時たまたま実家に帰っていたのだが、北海道新聞の一面に山瀬移籍が掲載されていた。スポーツ新聞ならまだしも、一般新聞の一面に写真付きで掲載されるほど山瀬は北海道の宝だったのだ。

ずっとレッズの山瀬が見られると思っていた。
しかし、山瀬はもういない・・・


移籍後、怪我から復活した山瀬は2005年5月15日日産スタジアムでマリノスの10番として我々の前に姿を現す。ボールを持つ度にレッズサポからかつて無いほどの大ブーイングが浴びせられた。
あのような移籍の仕方をしただけに山瀬のことを良く思わないレッズサポはいる。と言うかほとんどの人が憎んでいるかもしれない。でも、俺は今でも山瀬が好きだ。そりゃ、移籍直後は悔しくて憎む気持ちは出てくるけど・・・エメもそうだが、どんな去り方をしても好きなもんは好きだからしょうがない。

明日、埼玉スタジアムに山瀬が現れる・・・はず。敬意の意味を込めて最大級のブーイングで山瀬を迎えようと思う。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.23(Fri)15:48コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

トミー復活!

マリッチ 横浜戦でベンチ入り濃厚

8月31日ナビスコ杯千葉戦で右ほおを陥没骨折したトミーがマリノス戦でいよいよ復帰する。どうやらフェイスガードを付けてベンチ入りするらしい。8月27日名古屋戦で初ゴールを決め、これからという時の骨折。チームにとってもトミーにとっても痛い離脱だった。

完全復帰した後はスタメンはどうなるのだろう。
永井が外れるのかなぁ・・・それはちょっと嫌だ
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
トミスラフ・マリッチ09.22(Thu)16:22コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

闘莉王が戦線離脱

闘莉王左太もも肉離れ!浦和逆転Vへ赤信号

闘莉王が左太もも裏肉離れで全治4週間。この大事な時期に攻守に活躍していた闘莉王がチームから離れるのは痛すぎる

正直言うと昨年、移籍したきた時は闘莉王が嫌いだった。レッズには今までいないタイプの選手でレッズフェスタでも何か存在が浮いていた。しかし、気が付けばいつの間にかチームに溶け込んでいた。不思議な人だ。
それまでセットプレーからの得点が全く期待できなかったレッズに闘莉王の得点力は光明を与えた。実際、今年は達也に次ぐ6点を決めていてそのほとんどがセットプレーからの得点。

守備面で言えば、堀之内やウッチーで代役は十分に務めることはできる。しかし、攻撃面で見た場合の代役は誰にも務まらない。今はただ、一日でも早い復帰を祈りばかり。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.21(Wed)23:03コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

レッズ巡り

大切な用事があったため、レンタカー(もちろん三菱車)を借りて昨晩から埼玉に進出。昼間は時間が余っていたのでレッズ巡りをしてきました。

まずは、埼玉スタジアム2002。さすがに試合もなく朝7時(こんな朝早くから何やってんだか)と時間が早いため誰もいない・・・いつも浦和美園駅から埼スタに行くので裏側(正面?)は見たことない。とりあえずぐる~っと一周。やっぱデカイわ。誰もいない埼スタなんて見る機会がないから新鮮でした。

2つ目はレッズランド。2005年7月17日に仮オープンしたレッズの総合スポーツランドである。ずっと行きたいなぁとは思っていたが機会がなく初めての訪問。期待に胸を膨らませ行ってきました。だだっ広い土地にテニスコートやサッカーグラウンドなどがあって車で一周するだけでも一苦労。でか過ぎだって。ちなみに、本部?の入り口を撮ってみました。
レッズランド


最後に大原グランド。さすがに昨日広島で試合だったので練習はなし。当然誰もいない。恥ずかしながらクラブハウスが新しくなってから一回も行ってなかったのでクラブハウスのキレイさにびっくり。中に入りたかったなぁ
しかし、相変わらずあの道は狭いぞ。車だと大変。

普段電車やバスだとあの辺の土地勘がわからなかったが、意外に近いことに気づいた。やっぱり浦和に引っ越そうかな。それで車あったら便利だよなぁ。しかし、引っ越す金がない・・・
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.19(Mon)23:24コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第24節vsサンフレッチェ広島戦

2005年9月18日(日)15:04キックオフ・広島ビックアーチ
サンフレッチェ広島3-4浦和レッズ
得点者:32分永井(浦和)、44分ポンテ(浦和)、62分オウンゴール、70分ネネ(浦和)、43分・49分・72分佐藤(広島)
観客数:26,083人

怒涛の4得点で優勝争いに生き残った。永井もゴールしたことだし一安心。それにしても佐藤寿人はすげぇな。あの少ないチャンスを全部生かして見事にハットトリック。敵ながらあっぱれ。しかし、ハットトリックしても負ける広島って・・・

内容うんぬんは別にして結果だけが求められる試合で、レッズは見事に勝利してくれた。来週はガンバvs鹿の直接対決があるから、これでまた希望が持てる。今後のことを考えると引き分けてくれるのがベストかな?それでレッズが勝てば首位との勝ち点差5。ガンバとの直接対決を制すれば勝ち点差2!まだいけるぞ。


負傷退場した闘莉王の様子が心配。あと、累積警告もたまってきているからそれだけ注意だな。大分戦の過ちを二度と繰り返さなければ、レッズはきっとやってくれるはず!
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦09.18(Sun)23:39コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

「巻のゴール」と書いて"神の手ゴール"と読む? (BlogPet)

市原とか、これを見てないので何とも言えないが、ギドが、ギドが「手で入れられたゴール」と言っている
おいおい・・・
救いはホーム&アウェイなのでまだ1試合残っている。
大事な試合で痛恨の誤審さらに悪いことは浦和と、痛すぎる怪我だ唯一の救いはホームと、あつたろうが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報09.18(Sun)09:49コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

やった!

ガンバが負けた

ガンバ大阪がようやくつまずいてくれた。レイソル偉い

玉田が神に見えた

でも、そういえばレイソルはレッズにも勝ってたな・・・鹿には負けたくせに。


これで明日の広島戦がおもしろくなってきたぞ。負けたほうが優勝争いから完全に脱落してしまうので、両チームとも気合の入った好ゲームが期待できる。
引き分けはもう許されない。内容はどうであれ勝つことのみが求められる!鹿スタで見せた気迫を広島ビッグアーチで見せてくれ!

スレッド:Jリーグ|ジャンル:スポーツ
J League09.17(Sat)23:37コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

西谷移籍

西谷正也選手、コンサドーレ札幌に期限付き移籍のお知らせ

◆西谷正也 (にしたに まさや)
1978年9月16日生まれ(26歳)MF   
170cm/69kg 
生光学園中学校(徳島県)-北陽高校(大阪府)-セレッソ大阪-ヴィッセル神戸(セレッソ大阪から期限付き移籍)-ベガルタ仙台―浦和レッズ

西谷選手コメント:
「半年間という短い間でしたが、レッズでプレーできて良かったです。
あまり試合に出場できなかった事は、残念でしたが、これからはコンサドーレ札幌がJ1に昇格出来るよう、全力を尽くしてプレーします。
来年、またレッズに帰ってきますので、J2の結果も気にして待っていて下さい。ありがとうございました。」


今年ベガルタから加入するも結局リーグ戦2試合・ナビスコ3試合出場にとどまった。梅田と言い、西谷と言いほとんど活躍の場を与えられず移籍。西谷は期待していたんだけど残念。やっぱりセレッソ時代がピークだったのかな。でも、札幌に行ってくれたのは嬉しい。自分は北海道出身なので札幌は2番目に好きなチームだから。1番と2番の差が激しいけど・・・

今年コンサは予想外にJ1昇格を狙える位置にいるので、是非昇格に貢献してほしい。がんばれ~
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.16(Fri)23:59コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

レッズサポになった理由

自分は北海道生まれで北海道育ち。現在は東京在住。
浦和はおろか埼玉にすら縁も縁もない。

そんな自分がレッズに心を奪われるようになったのは高校生の時である。札幌厚別公園競技場(まだ札幌ドームが無かった)で「ヴェルディ川崎vs浦和レッズ」のプレシーズンマッチが行われた。コンサドーレ札幌がまだ東芝の頃だったので、北海道ではプロの試合が観れることはほとんど無かった時代。当然、観に行こうとしたのだが学校がある。何とか親を説得して"風邪をひいて"学校をサボる休む。

ヴェルディ川崎カズ・ラモス・武田・北沢・都並・柱谷を擁してスター軍団と呼ばれていた。スタジアムは今ではあり得ないが緑フラッグだらけでまさにヴェルディファン(サポではない)一色。そういう自分もレッズの選手は福田正博ぐらいしか知らず、カズが一番のお目当てだったが・・・

そんなヴェルディファンの黄色い声援やチアホーンが鳴り響く中で、ある空間だけ異彩を放っている場所があった。その場所はレッズ側のゴール裏。ほんの一握りの人数なのにヴェルディファンを圧倒的な声量で凌駕していたのだ。試合中、常にチームを激しく厳しく鼓舞して、まさにサポーターという言葉が当てはまっていた。試合結果は忘れてしまったが、観戦ではなくサポートチームとサポーターの一体感。この出来事は高校生の自分にとって心に響くには十分すぎるパフォーマンスだった。 

その後、北海道で行われる試合を何試合か観戦したが、あれ以上の衝撃には巡り合うことはなく、気が付けば自然とレッズを応援するようになっていた。それがレッズサポになったきっかけである。恐らく、コンサドーレ札幌が初めからあってもレッズサポになっていたと思う。



ちなみに、その試合は最前列で観戦していたためテレビ中継で思い切り映っていたらしく、学校をサボって試合に行ったことが先生にばれてめちゃめちゃ怒られました
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.15(Thu)23:59コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

脱エメできるのか?

気が付けばエメ移籍から2ヶ月が経っていた。

いくらああいう移籍の仕方をしたとはいえ、エメが我々に残してくれた数々の思い出を忘れることはないだろう。2003年JリーグMVP2004年得点王などの個人記録ももちろんだが、浦和レッズそしてサポへの熱い想いは誰にも負けないものがあった。
エメがサポを煽る、「エ~~メ~~」コールでそれに応えるサポ。普段サッカーを観ない人からするとあの光景はまるで何かの宗教のように感じたかもしれない。だが、我々にとってはあの瞬間が何よりも幸せだった。

そんなエメはもういない。カタールで何をしているのだろう。相変わらず練習サボってるのかなぁ。ファウル受けて10回転ぐらいしてるのかなぁ。色々と考えてしまう。
エメが去った後、ポンテ・トミーと新外国人を獲得した。ポンテは予想以上の活躍ですっかりチームに馴染んでいるが、今後どれだけ素晴らしい活躍をしてもエメ以上の存在になれるとは今は思えない。決してポンテがダメというわけではなく、エメルソンと言う存在があまりにも偉大すぎたから。

移籍に関して賛否両論があったけど、自分はやっぱりエメが大好きだから忘れることは一生ないだろう。遠い地での活躍を祈る。そしていつの日か我々の前にあの笑顔を見せてくれることを信じている。


スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
エメルソン09.14(Wed)23:59コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

永井雄一郎物語(想像含む) ~その6~

永井雄一郎物語続編。


実は永井は交通事故を起こしていたことがある。しかも去年。
新聞記事は以下のとおり。


2004年6月28日「浦和レッズの永井選手、衝突事故=居眠り運転で信号機柱に」-東京(時事通信)
28日午前5時55分ごろ、東京都新宿区西落合の都道目白通りで、Jリーグ浦和レッズの永井雄一郎選手(25)=練馬区平和台=運転の乗用車が道路脇の信号機の柱に激突した。車は大破したが、永井選手にけがはなかった。 調べに対し「一瞬眠気が差し、気が付いた時にはよけられなかった」と話しており、警視庁戸塚署は道交法違反(安全運転義務違反)容疑で調べている。永井選手は1人で乗っており、自宅方向に向かっていたという。永井選手は1999年のワールドユース準優勝のメンバー。これまで日本代表にも選ばれている。7月17日から中国で開催予定のアジアカップに予備登録されている。 


なぜそんな時間に(月曜早朝)に新宿で一人で運転??しかし、車(おそらくパジェロ)が大破したのに無傷って凄い運の良さ。さすがはナギーレッズの9番永井関係ないけど・・・
そういえば何年か前にFC東京の小林選手がバイクで事故って長期離脱したことがあったけど、サッカー以外での(もちろんサッカーでも)怪我で離脱というのは悔やんでも悔やみきれないだろう。とにかく何事も無くてよかった


自分はと言うと事故を起こしたことは無いが事故を起こしそうになったことはある。朝までバイトしてて、そのまま友達を空港まで送りに行った帰り、あまりの眠気に負けて寝てしまい、運転したまま寝てしまったのだ

しかも夢まで見てしまった

ここまでくると居眠りというレベルではない・・・完全に熟睡。ハンドルを真っ直ぐ握っていたため事なきを得たが、今考えてもぞっとする。運転する時は気をつけよう。



ちなみにどんな夢かというと、必死にドーナツ作っている夢でした(笑)
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
永井雄一郎09.13(Tue)23:59コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

永井落選・・・

2005JOMOオールスターサッカー 最終結果発表

レッズからはギド、達也、長谷部の出場が決定。それぞれのコメントは以下のとおり。

ギド・ブッフバルト監督
心からお礼を申し上げます。選出されたことは栄誉と思っています。今後も監督としてレッズのために尽力をつくしていきます。それが私の使命なのです。
オシムと仲良くやってね。


田中達也選手
3年連続でオールスターに出場できることを光栄に思います。オールスターでは、Jリーグのトップ選手が集まるので、色々な選手から色々な事を吸収していきたいと思っています。個人的には、ゴールを奪って、自分自身楽しみ、サポーターを沸かせたいと思っています。
3年連続出場おめでとう今やすっかりレッズの顔になったな。


長谷部誠選手
初めてオールスターに選ばれ、小学生の頃からテレビで見ていた舞台に立てることは夢のようです。この舞台を用意してくれた、多くのサポーター、リーグ関係者の期待に応えられるようなプレーをしたい。また、オールスターとはいえ試合をする以上、勝負にこだわって楽しいサッカーをみんなに魅せたいです。
意外にも初出場。考えてみればまだ21歳だもんなぁ。


永井は118,237票を獲得するも5位で落選。推薦にも選ばれず
出場できないのは残念だがそれ以上にショックだったことがある。


4位 鈴木隆行(鹿島) 140,894票


師匠に負けてる・・・



鹿サポ恐るべし。
スレッド:Jリーグ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.12(Mon)22:08コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

優勝戦線

そういや今日もJリーグあったなぁと思いチェックしてみたら、鹿が負けていた。夏以降すっかりここ数年の鹿に戻ってしまったようだ。開幕当初は昔の強い鹿島が復活したかなと思ったが、中断でいい流れを自ら断ち切ってしまったように感じる。まぁ、鹿は嫌いなので別にいいのだがちょっと気になった。

問題はガンバ。残り11試合で勝ち点差10・・・いつの間にジュビロにも抜かれてるし。いくら直接対決を残しているとは言え、正直かなり厳しい。得失点差も8開いてるしなぁ。望みが薄くなったことは確かだがまだシーズンは終わっていない。奇跡の優勝を願うのみ。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.11(Sun)23:59コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

激闘・鹿スタ劇場 (BlogPet)

偶然あつたろうが、選手のやる気・
気迫を見せるがこのままタイムアップ
結果は引き分けとなった
しかし、苛立つことができればどんな状態でもサポは選手を信じる!
ただ一つ課題を言うのでやばいと思った
と、れでぃあ♪が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「れでぃあ♪」が書きました。
浦和レッズ情報09.11(Sun)09:40コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第23節vs大分トリニータ戦

2005年9月10日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ1-2大分トリニータ
得点者:18分梅田(大分)、27分田中(浦和)、71分マグノ アウベス(大分)観客数:35,198人

試合前から悪い予感はしていた。前節鹿との激闘で窮地の中引き分けに追いついた勢い、11試合勝ちのない大分6試合負けのないレッズ、そしてホーム埼スタ。普通に考えると圧倒的に有利だと思うが、レッズはかつて連敗ストッパーという有難くない称号をもらっていたことがあった。
予感は見事的中・・・優勝争いから一歩後退。厳しいなぁ
今はガンバと鹿の取りこぼしを祈るしかない。


ちなみに永井が珍しくヘディングでゴール!!と思いきやギリギリ達也が触ってたらしく、達也のゴールになってた
まぁ、誰が取っても1点だからいいんだけど永井のゴールにしてほしかった。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦09.10(Sat)18:43コメント(1)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スポーツバー物語~2002年日韓W杯編~

今日はネタがないので昔働いていたスポーツバーについて。

2002年日韓W杯で人々が熱狂している時、自分はスポーツバーで働いていた。にわかサッカーファンが巷に溢れかえり、当然お店は大盛り上がり
しかし、働いてる者にとっては死ぬほど大変な1ヶ月だった。休みも無く長時間労働が続き、倒れるものまで出た。当然試合なんぞ見る暇もなくただひたすら働き続けた。

アメリカvsメキシコの試合でもたくさんの人が来店。あんた達ホントにこの試合見たいの??普段だったら絶対見ねぇだろ・・・
そんな状態だからお店は常に予約だけで満席深夜になっても人は減らない。日本戦がある日には、前日からお店の前で立ち見の順番待ちに並び始める始末。試合当日、並んでいる人を数えたら150人以上 まだ朝の9時なんですけど・・・試合開始1時間前には何と200人以上!そんなに入れないって・・・

結局200人近くを無理やりお店に詰め込み、試合開始。
師匠・鈴木隆行(当時はまだ師匠とは呼ばれていない)がつま先でゴールした瞬間お店は大パニックお酒は撒き散らすは展示物は破壊するはでまるでフーリガン状態。大混乱の中で何故か胴上げされる俺(笑)

気が付けば、あの頃を境に自分も含めて店員達は日本代表戦が嫌いになったのは言うまでもない。


ちなみにお店を辞めた後は日本代表戦を嫌いではなくなった。でも、
代表戦よりナビスコ杯のレッズ戦のほうが大事。
スレッド:スポーツバー|ジャンル:スポーツ
スポーツバー09.08(Thu)23:13コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

千島徹

千島徹(ちしまとおる)
背番号:15
ポジション:MF
身長:170cm
体重:62kg
生年月日:1981年5月11日(24歳)


数少ない浦和レッズユース出身の生え抜きMFである。J通算11試合出場無得点。ここ数年次々と新戦力が加入して、すっかり選手層が厚くなったレッズで彼の出場機会は限られていた。そんな千島にとって今年は正念場の年となるはずだった。しかし、彼は今ピッチに姿を現すことはない。今年3月に右足距骨軟骨損傷で全治6ヶ月の重症を負ったからだ。

7月27日、ようやく彼はトレーニングを再開するが、ピッチに戻るようになるまではまだまだ時間がかかりそうだ。時々彼のブログ「とーるの心日記」をチェックしているのだが、8月2日以降更新されていない。今何をしているのだろう・・・心配だ。最近すっかり練習も見に行ってないので彼が練習に参加しているのかどうかもわからない。誰か近況を知っていたら教えてください。


今日、日本代表戦があったが単なる親善試合にそれほど興味はないのでこの時間(23:55)でスコアはもちろん結果も知らない。そんな時なぜかふいに千島の事を思い出したので書いてみました。千島は来年もレッズの選手でいられるのかな・・・早い復帰が待たれる。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.07(Wed)23:59コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ついにウッチーが・・・

今週のサカマガ採点でついにウッチーがMF部門1位

オフト前監督の寵愛を受け、2003年は日本一地味なキャプテンを務めていたほどのレッズが誇るユーティリティプレーヤーだ。日本代表のガチャピン遠藤保仁を抑えて平均採点6.36という素晴らしい評価。
日本人では岡野に次いで2番目の年長者。ウッチーがここまで生き残れると予想していた人は少なかったのではないだろうか。今やチームのバックアップに欠かせない存在。これからも頼むぞ!


ちなみに他のレッズ選手のランキングは以下のとおり。

FW部門 4位 田中達也 6.14  8位 永井雄一郎 6.07
MF部門 1位 内舘秀樹 6.36   8位 長谷部誠 6.17
DF部門 2位 闘莉王 6.25   8位 坪井慶介 6.05
GK部門 3位 都築龍太 6.25
監督部門 4位 ブッフバルト 6.18


スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.06(Tue)23:59コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

鹿スタ劇場の後で気づいたこと

激闘から2日経って冷静になり、ふと気づいたことがある。

①坪井が(実質)人生で2枚目の警告を受けた!
坪井をもってしても、柏原主審の鬼のような警告乱舞は避けられなかった。しかし、DFでこの少なさは異常。

②闘莉王が初の退場!
試合中、監督に「あのFW使えないから代えてくれ!」(敵ではなく味方のFW)と言うほどの熱い男が今まで退場がなかったことが意外。

③長谷部はリアクション大王だった!
そのルックスから「マコ様」と呼ばれマダムに人気のある長谷部。そのルックスからは想像できないほど試合中は(闘莉王よりはおとなしいが)かなり熱くなる。柏原主審がアドバンテージを取らず試合を止める度に両手でピッチを叩きつけ鬼のような形相をして体全体で怒りをアピール。闘莉王の退場が無ければ長谷部が退場になっていただろう。冷静な第三者の視点で見ればオーバーリアクション。そういえばデビュー戦退場してたな・・・



そしてこれが一番びっくり。
④師匠(鈴木隆行)が得点に絡んだ!
去年から始まったアルパイ兄貴との死闘で張り合う相手が見つからなかったのか。挑発奥義こそ出さなかったものの、堀之内のファウルを受け先制点に貢献。師匠の栄光?の歴史は中坊コラムさんにて。


まさに死闘だった。来年はまともな審判で鹿狩りを果たしたいものだ。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.05(Mon)23:54コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

達也・・・

決戦を終えての選手コメント。

●三都主アレサンドロ
「引き分けてよかったです。サブになったこと? 悔しい。今でも悔しいです。今日子供が生まれたことはうれしいけど。試合に出たら点を取りたい。それだけです」

●田中マルクス闘莉王
「みんなに感謝するだけ。自分は初めての退場です。次は出られないが、自分のパフォーマンスを維持したい。同点になった瞬間は、やってくれたなあという感じですね」

●堀之内聖
「自分がゲームを壊してしまった。1人少なくなってもみんなの気持ちが1つになっていたのがよかった。ハーフタイムに話したので、後半はやるしかないと思った。みんなが持てる力を出し切った。あの展開から引き分けたのは勝ちに等しい」

●田中達也
「ウチの方がいいサッカーができていたけど、引き分けたので悔しい。ゴールシーン? GKがいなかったから。その他もチャンスがあったから決めないといけない。後半はスタミナが切れました。練習して体力を取り戻したい。
0-2から鹿島に追いつけるのはウチくらいしかいない。ゴールよりも自分らしさを出して行ければいい」


達也・・・何てカッコイイ事を言うんだ!よくぞ言った!
こんな力強いコメントを言えるようになるなんて大人になったなぁ。永井にもこれぐらい強気なコメントを言ってもらいたいものだ。
浦和レッズ情報09.04(Sun)22:54コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

気持ちを新たに

リニューアルしてみました。
前のほうが良かった気もするが・・・
スレッド:サッカー|ジャンル:スポーツ
浦和レッズ情報09.04(Sun)18:13コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

激闘・鹿スタ劇場

Jリーグ第22節vs鹿島アントラーズ戦

2005年9月3日(土)19:04キックオフ・カシマスタジアム

鹿島アントラーズ2-2浦和レッズ
得点者:17分小笠原PK(鹿島)、27分アレックス・ミネイロ(鹿島)、77分田中(浦和)、85分ポンテ(浦和)


優勝を占う大事な一戦。試合前からただならぬ雰囲気。さらに主審はあの柏原丈二。何も起きないはずはない。試合はまさにその通りとなり、レッズの歴史に残る激闘となった。

小笠原の人をおちょくった技ありPKとアレックスミネイロの偶然DFに当たってコースが変わった狙いすましたシュートで2点のビハインドで前半を終える。この時点でイエローカードは既に6枚。いつものことだが柏原主審はカードでしか選手を抑えることはできないのだろうか。

そして"事件"は後半14分に起こる。試合をコントロールできない柏原主審が鹿島のファウルにアドバンテージを取らず試合を止める。アドバンテージを取ってファウルを流しておけば絶好のカウンターチャンスだったのに。この一度だけではなく、それまでに何度も試合を止められていたことに激怒した長谷部が猛然と柏原主審に向かっていく。長谷部は既にイエローを1枚もらっていたのでやばいと思った。その瞬間、長谷部より先に闘莉王が抗議。あえなくイエローカードをもらう。怒りの収まらない闘莉王がさらに鬼のような形相で激しく抗議。ここで2枚目のイエローカードで退場処分
2点ビハインドだけでなく10人での戦いを余儀なくされたレッズは一気に窮地へと追いやられた。しかし、ここからがレッズの見せ場となった。

この試合を落とせば優勝争いから脱落してしまう。リスクを冒してでも攻めに出なければならない。選手は怒涛の攻撃を見せてくれた。
後半32分アレックスのシュートのこぼれ玉を達也がゴール!さらに後半41分アレックスのパスからポンテが同点ゴール!さらに攻め続けるレッズ。もうどちらが10人なのかわからない状態。最後まで勝ちたいという気迫を見せるがこのままタイムアップ。

結果は引き分けとなったが内容には満足している。あれだけの荒れた試合(最終的には警告12回、退場1回)で劣勢の中、魂を見せてくれたからだ。結果はもちろん大事なことだが、選手のやる気・気迫を感じることができればどんな状態でもサポはチームを応援し続けたくなる。この引き分けによりヴェルディに勝ったガンバが首位となったが、今日のような気迫を見せてくれればサポは選手を信じる!
ただ一つ課題を言うのであれば、どんな主審だろうが、決して冷静さを欠き自滅するこだけは避けてほしい。前半6分に警告を受けたポンテはその後、苛立つことが多々あったにも関わらず冷静にプレー。彼のプレーに本物のプロを感じた。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦09.03(Sat)23:31コメント(0)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。