» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

こんな終わりかたって・・・

色々と書きたいことがあるんだけど、今はまだ頭の整理がつきません。
鹿島・横浜FCにおめでとうと言うべきなんだけど、そんな余裕はない。
とりあえず画像だけアップします。。。

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦①

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦②

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦③

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦④

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦⑤

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦⑥

2007.12.1Jリーグ第34節横浜FC戦⑦

スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦12.02(Sun)01:00コメント(14)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

鹿島戦・画像

まとめてアップします。

2007.11.24 J33節鹿島戦②

2007.11.24 J33節鹿島戦③

2007.11.24 J33節鹿島戦④

2007.11.24 J33節鹿島戦⑤

2007.11.24 J33節鹿島戦⑥

2007.11.24 J33節鹿島戦⑦

2007.11.24 J33節鹿島戦⑧


スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.27(Tue)08:01コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

はぁ。。。

11月24日(土) 2007 J1リーグ戦 第33節
浦和 0 - 1 鹿島 (14:04/埼玉/62,123人)

得点者
66' 野沢拓也(鹿島)

2007 J1 第33節 浦和 vs 鹿島 ゲームサマリー

2007.11.24 J33節鹿島戦①

ホーム最終戦で優勝を決めるはずが。。。まさかの敗戦。
やはり鹿島とは何か縁があるのだろうか。
認めたくは無いが鹿島のほうが勝ちたい気持ちが強かったのかもしれない。
レッズはACLを制覇して、リーグ戦も首位。仮にこの試合に敗れても首位は変わらず。疲労度もあると思うが、少しだけ気持ちが緩んでいたのかもしれない。

鹿島は勝たなければ終わり、しかもアウェイと崖っぷちの状況。
さらに退場者も出しながら、組織的かつ堅実なプレーでレッズを止めた。
今日は素直に負けを認めるしかないだろう。
船山の唾吐き行為だけは決して許せないが

負けはしたもののまだ勝ち点差1で首位は変わりません。
最終節、日産スタジアムで横浜FCを破れば優勝です。
とりあえず、楽しみが1週間伸びたと考えよう。


  順位表 (第33節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    70  20   10   3  55   27  +28
2位 鹿 島    69  21   6    6  57   36  +21
3位 G大阪    66  19   9    5  69   35  +34
4位 清 水    61  18   7    8  53   33  +20
5位 川 崎    53  14   11   8  65   47  +18


ガンバはロスタイムに失点してドロー。終戦です。
甲府は柏に敗れて降格が決定。
甲府は残ってほしかったのに。。。

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.24(Sat)23:20コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

疲労困憊の中で。

11月18日(日) 2007 J1リーグ戦 第32節
浦和 0 - 0 清水 (14:02/埼玉/56,368人)


3戦連続のドローで優勝決定は持ち越しです。
前節でも同じことを書いたが、水曜日にACL優勝を果たしたばかりで精魂尽き果ててしまっている中で難敵・清水に負けなかったことは悪くない結果でしょう。

ワシントン(出場停止)・達也・暢久・伸二・堀之内、さらに啓太が負傷退場と相次ぐ離脱でも、負けない強さが今のレッズにはある。
普通に考えたらこの終盤で3戦連続ドローは痛いところだが、ACL制覇という偉業を成し遂げ、さらに残り2試合でまだ勝ち点差4という大きなアドバンテージがあります。

1週間で2回優勝なんて贅沢なことは言いません。
少し間を置いて、来週優勝でいいじゃないですか。


  順位表 (第32節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    70  20   10   2  55   26  +29
2位 鹿 島    66  20   6   6   56   36  +20
3位 G大阪    65  19   8   5   68   34  +34
4位 清 水    60  18   6   8   51   31  +20
5位 新 潟    51  15   6   11   48   44   +4


鹿島が怒涛の7連勝で2位浮上。ガンバはFC東京に痛恨の引分けで後退。
次節、鹿島と直接対決です!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.18(Sun)21:45コメント(0)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

あと一歩。

11月11日(日) 2007 J1リーグ戦 第31節
川崎F 1 - 1 浦和 (16:04/等々力/23,355人)

得点者
10' 養父雄仁(川崎F)、32' ワシントン(浦和)


イラン帰りで疲労度MAX、さらに14日はACL決勝が待ち受けている中でもメンバーを代えずに臨んだこの試合。
ACL&リーグ優勝を狙う中でも重要度が高い試合でした。
この厳しい状況の中でのドローは良い結果と言えるでしょう。
着実に勝ち点1ゲットです。

ACL決勝に向けて、シーズン終盤でもあるので不安材料は当然ある。
誰もが満身創痍で疲労度は計り知れないものがあり、現状のメンバーで戦うしかないのだが、みんな気力のみで戦っている。

残すところはACL決勝第2戦とリーグ戦3試合(+天皇杯)となりました。


  順位表 (第31節終了) 
           勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 浦 和    69  20   9   2   55   26  +29
2位 G大阪    64  19   7   5   67   33  +34
3位 鹿 島    63  19   6   6   55   36  +19
4位 清 水    59  18   5   8   51   31  +20
5位 新 潟    48  14   6   11   46   44   +2


数字上では優勝の可能性があるのは浦和、G大阪、鹿島の3チームに絞られました。
ただ、残り3試合で勝ち点差5は有利な状況です。
次節でG大阪・鹿島が引分け以下、レッズ勝利で優勝が決定します!

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2007年リーグ戦11.11(Sun)22:55コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。