» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

埼玉スタジアム動画

この瞬間を待っていた!浦和レッズ悲願のJリーグ制覇!ウイニングランの動画です!

最近の記事+コメント

Myblog List

Jりーぐぴーぷる

プロフィール

バナーリンク

Jりーぐぴーぷる
We are Reds
RED HOT BLOGS
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカーページに行こう

J.B.Antenna

BBS7.COM
MENURNDNEXT



ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

最終節の一日 ~その2~

最終節の一日~その1~の続き。
新潟vs浦和

試合開始直前、K田氏が「暑いだろ!」と一言。 気温4℃で決して暑くはないのですが・・・すると次々に服を脱ぎ始める気合いの入った猛者達。後からスポーツニュースで見たが異様な光景だったな。

試合開始わずか4分。その時は訪れた。混戦の中からゴール! 一瞬の出来事で誰が決めたのかわかったが、誰が決めようが点が入ったことに間違いは無い。興奮冷めやらぬ間にポンテがゴール もう大騒ぎ。今日はいける!と確信した。あっと言う間に前半終了。2-0で折り返すことに。
試合終了


ハーフタイム中に2002年ナビスコ決勝で知り合い、たまにご一緒させていただいているS氏と偶然出会う。少し話しをしているうちにウォーリアーが始まり、慌てて席に戻り声を出す。
後半も一方的なレッズのペース。鬼プレスでボールを奪うとポンテ・長谷部を中心に、巧みなボール回しで主導権を握る。正直、今日の新潟は全く相手にならなかった。全てにおいてレッズが圧倒して力の差は歴然。これが優勝を目指すチームJ1残留が目標のチームとの違いだろう。もう勝ちは間違いない。そうなると気になるのは他会場の結果。
終了直前、途中交代した岡野がベンチから飛び出して何やら言っている様子だが、当然何を言っているかわからない。終了後、喜んでベンチを飛び出す光景が見られなかったことで、優勝できなかったことがわかった。

優勝できなかったことで落ち込むサポもいたが、K田氏の最後の締めの言葉によってサポ全員は再び立ち上がった。
「何で泣いてんだよ!勝ったんだぞ!」
「圧勝じゃねぇか!泣くな!」
「俺達はまだ強くないんだよ!」
「来年こそ他力じゃなく自力で優勝しようぜ!」

今シーズン最後の大事な試合で選手達は素晴らしい試合を見せてくれた。そしてこの試合は選手&サポが一丸となった今シーズンのベストゲームだろう。この日この場所に居て、レッズサポであることに改めて誇りを持てたと同時に、今日の悔しさ・嬉しさを忘れず、来年の今頃は笑顔で優勝を分かち合えるようこれからも選手をサポートし続けよう。

We are REDS!!

アルビ場内一周

夕闇のビッグスワン

スポンサーサイト
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦12.05(Mon)07:10コメント(15)トラックバック(4)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

最終節の一日 ~その1~

Jリーグ第34節vsアルビレックス新潟戦
2005年12月3日(土)14:04キックオフ・新潟スタジアム
アルビレックス新潟0-4浦和レッズ
得点者:4分堀之内、12分ポンテ、60分マリッチ、80分山田
観衆数:41,988人


疲れ果てたので書くのが遅くなりました。
2005Jリーグ最終節はアウェイ新潟での試合。友人が急遽行けなくなったため一人で参戦することに。4時に起きて、東京駅6:08発の新幹線に乗る。
レッズサポがたくさんいるかなと思ったが、数人しかいなくてちょっと拍子抜け。車内ではノートPCで仕事をしながらJ'sGOALをチェック。さすがに朝早すぎたかな?と思いきや大宮駅から大量のレッズサポがなだれ込んできた。あっという間に車内は満席。すると隣には全身黒の皮ジャンにサングラスをした強面のオジサンが乗ってきた。普段の生活では絶対に接する機会のないお方だ。タオマフが見えたのでレッズサポだというのはわかったが、普通に怖えぇよ・・・ 何で隣にくるんだよぉ 

しばらくするとそのお方が話しかけてきた
「スタジアム行くんですか?」
「は、はい・・・」
「いつもPC持ち歩いているんですか?」
「はい・・・」
「仲間でも待ち時間にいつもPCで仕事してる奴いるんですよ。大変ですね。」
「そうですか。でも、最新情報もチェックできるから便利ですよ。」
「今日、永井出られますかね?」
「これ見ると出られそうな感じですよ」

意外にイイ人じゃん(笑)それをきっかけにレッズの話で打ち解けることができました。やっぱり、人は見かけで判断しちゃいけないね


そして8時半ごろに新潟駅到着。ここは埼玉?と思うほど周りはを身にまとった人しかいない。スタジアム直行のバスを待っているとようや新潟サポ発見。しかし、割合で言うと1割ぐらい。
あまりの多さに新潟サポは思い切りひいていて、こんな会話をはじめる。
「新潟なのに何でレッズのほうが多いの?」
「新幹線貸しきって来てるらしいよ」
 ※新幹線貸切は9:48大宮発なのでこの時点ではまだ来てない
「さっきから赤い人しか見てないんだけど・・・」
「気合い入ってるねぇ」

アウェイの土地でいつも聞く会話であるが、今日は優勝がかかっているのでいつも以上にみんな気合いが入ってるのは当たり前

そしてバスに乗りビッグスワンに到着。
ビッグスワン

既に長蛇の列となっていたが、emu.さんのご好意によりかなり前のほうの並びに合流。聞いたところ朝4時から席取りをしていたとのこと。
emu.さんありがとう

そして11:30開場。取りあえず席を確保。見晴らしがいいなぁ。
2層から見たピッチ

しばらくしてスタジアムの外を見ると13:00を過ぎているというのにまだたくさんのレッズサポが並んでいる。どれだけ集まるんだよ・・・
長蛇の列

1層には既に多くのサポが密集。すげぇな。
ゴル裏
ゴル裏2

これを見るとやっぱり下に行きたくなる・・・最も熱い場所で応援したい!と思っていたところ、今度は坪ちゃんさんのご好意により、1層ゴール裏に行けることになった 持つべきものはレッズサポですね。
坪ちゃんさんありがとう そして選手登場!
アップ開始(ビッグスワン)




ちょっと長くなってしまったので続き&今シーズンの感想は次回。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦12.04(Sun)18:11コメント(4)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第33節vsジュビロ磐田戦

2005年11月26日(土)15:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ1-0ジュビロ磐田
得点:79分オウンゴール
観衆数:54,883人

今シーズンホーム最終戦、今日も精一杯サポートするぞ!
210サポ

いつもと同じようにアップ開始。スタジアムもだいぶ埋まってきた。
アップ開始

そして選手入場。
今日はゴル裏はデカユニ。その他1階席は赤旗、2階席は白旗で埼スタ全体で選手を後押し!
デカユニの中

ビジュアルパフォーマンス

この試合のキーポイントは以下のとおり。
①名波、絶好の位置からのFKをポストに当てゴールならず
②福西、長谷部へのファウルで一発退場
③村井、後半ロスタイムに決定的な場面で枠をはずす
④金、痛恨のオウンゴール

内容的には決して褒められたものではないが、チーム&サポーターが一丸となって魂の勝利!後半ずっとPOUコールはきつかったけど、勝って良かった♪

ヒーローインタビューは暢久。
暢久インタビュー
盛上がる埼スタ

ホーム最終戦なので恒例の場内一周。 
恒例の場内一周


その後、場内アナウンスでガンバ敗戦鹿島引き分けセレッソ引き分けが伝えられ、スタジアムからはどよめきと歓声があがった。その結果、残り1試合で5チームが勝ち点差2以内となる大混戦。依然、他力本願という状況は変わらないが目的はただ一つ。それは新潟に勝つ!
史上空前の大混戦となった2005年のJリーグを制するのはどこだ!?


         勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 
1位 C大阪  58  16  10   7  46  38   +8
2位 G大阪  57  17   6  10  78  56  +22
3位 浦 和  56  16   8   9  61  37  +24
4位 鹿 島  56  15  11   7  57  39  +20
5位 千 葉  56  15  11   7  54  41   +9


みなさんありがとう



今日はアフターバーでギド&全選手が登場!そのレポートは後ほど。
スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦11.26(Sat)23:56コメント(4)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第32節vsジェフユイナテッド市原・千葉戦

2005年11月23日(祝・水)15:00キックオフ・フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド市原・千葉1-0浦和レッズ
得点:89分水野晃樹
観客数:16,261人


またもや大事な試合で勝利することができなかった。悔しいすぎる・・・
決定機がなかったわけではない。決めることができなかっただけ。永井・達也・長谷部・平川を欠いたこの試合のキーマンは途中出場のセルヒオ。プレッシャーがかかるこの一戦で彼は明らかに舞い上がっているように見えた。2度ほどあった決定的なチャンスをフイにして挙句の果てに退場。高いポテンシャルを持つ選手だということはわかる。だが、彼はまだ17歳だということを忘れてはいけない。結果だけ見るとセルヒオにはこの試合は荷が重すぎたのではないだろうか。現地でしか試合を見ていないので退場した場面は何が起きたのかよくわからない。だが、チームに迷惑をかけたことは確か。今日の悔しさを忘れることなく今後の飛躍へと繋げてほしいものだ。


ガンバが負けたみたいなので勝ち点差は変わらず。ここまできたら優勝がどうこういう前に、ただ目の前の試合を勝って我々を喜ばせて欲しい。まだ、敗戦のショックから立ち直れないので画像は後ほどアップします・・・


順位表(第32節)
         勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 
1位 G大阪  57  17   6   9  77  54  +23
2位 C大阪  57  16   9   7  45  37   +8
3位 鹿 島  55  15  10   7  55  37  +20
4位 浦 和  53  15   8   9  60  37  +23
5位 千 葉  53  14  11   7  52  40  +12

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦11.23(Wed)21:41コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Jリーグ第31節vs東京ヴェルディ1969戦

2005年11月20日(日)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ4-1東京ヴェルディ1969
得点:14分・87分ポンテ(レッズ)、79分マリッチ(レッズ)、89分闘莉王(レッズ)、70分小林(ヴェルディ)

同点に追いつかれた時はどうなることかと思ったが、結果的には危なげない勝利で勝ち点3を積み上げた。岡野が1年ぶりのスタメンできっちり結果を残してくれたことが嬉しい
今日のMOMはやはりポンテだろう。2得点1アシストと獅子奮迅の大活躍。3点目となった華麗なループシュートは見事としか言いようがない。闘莉王も確実にPKを決め、今シーズン9点目でDFながらチーム得点王。過去にDFで10点以上取った選手っているのかな?是非、二桁得点を目指してほしい。
ガンバが敗れたことにより勝ち点差は再び4差に。名古屋偉すぎ!!考えてみればチーム力は問題ないはずなのに何で名古屋って優勝争いできないのかな?あの戦力で昔みたいにベンゲルが監督だったら独走で優勝している気がする。
次節は3日後にフクアリでクセモノのジェフが相手。その次はジュビロ。まだまだ先がわからない。去年、残留争いをしていたセレッソが13試合負けなしでいつの間にやら2位に浮上。いったいセレッソに何が起きた?まぁ、今は他チームのことよりも次の試合に勝つことに集中しよう。


         勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 
1位 G大阪  57  17   6   8  77  53  +24
2位 C大阪  56  16   8   7  44  36   +8
3位 鹿 島  55  15  10   6  55  35  +20
4位 浦 和  53  15   8   8  60  36  +24
5位 千 葉  50  13  11   7  51  40  +11


いよいよ残り3試合。奇跡は起きるのか!?
ちなみに次節のジェフは、阿部勇樹ストヤノフが出場停止らしい


昨年の歓喜から早1年。今年も大雪が見たい。
駒場紙吹雪1

スレッド:浦和レッズ|ジャンル:スポーツ
2005年リーグ戦11.20(Sun)23:10コメント(3)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

list【非公認】永井雄一郎検定

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。